chez tomo

おなじみのコルドン友達との新年会、chez tomoにて今年の幕開けとなりました。
chez tomoはミシュラン一つ星で、先日行ってとっても気に入った"La Pitchouli de Loulou"の姉妹店。(Loulouの記事はこちら
f0007587_2338741.jpg

急に日程を決めたので前日に予約を入れたのだけど、2回転目で入れました。
2時過ぎと遅いけど、前日に思い立っても行けるのは有難い。

入ってすぐオープンキッチンで、モダンな店内。9割は女性客でした。
ランチは4皿。どれも魅力的なメニューで悩む・・・。
スペシャリテという「生ウニの貴婦人風」、惹かれたけど今回は単純にmenuで。

entree。
ブーダン・ノワールのガトー仕立て
f0007587_23451488.jpg
ブーダンノワールとは本来こういうもの⇒私がフランスで食べたもの
それがこんな風になっちゃうなんてビックリ。
定番の仲良し素材、りんごちゃんもオシャレに変身。

フォワグラと椎茸と里芋etcのテリーヌ
f0007587_23531684.jpg
こちらも美しい。

上2皿は友達のセレクション。私のは、トリップの白ワイン煮込みカーン風。
カーンっていうのはノルマンディの都市で、土地柄カルバドスなどを使っているらしい。
f0007587_23562067.jpg
あれ?
プレゼンが違いすぎないか~?! これは思いっきりビストロな感じ。
お味はとっても良かったけど、このプレゼンと、一つの味でこの量なので飽きてくる、っていうのでちょっとマイナス。

次は、これもスペシャリテでしょう。野菜がずらりと約30種類。
f0007587_0143945.jpg
それぞれに味付けが変わっていて、見た目も美しく、健康になった気がしました。

platにはクネル。
f0007587_0155251.jpg
これもブーダン・ノワールと同じぐらい思い入れがあって。リヨンに行った時に食べて美味しくて、それ以来気になっていたお料理。えび入りでソースも濃厚で美味しかった。

友達2人はウズラ
f0007587_0211643.jpg


dessertは3種類。
面白いことに、メニュー代わりにまずそれぞれの素材を持ってきてくれる。
私はブリオッシュを使ったパンプディング。
例えばこれは、カップにお砂糖、バニラ、卵、パンが入ってました。
f0007587_0241259.jpg
プリンがなめらかで美味。

Gateau Chocolat
f0007587_0255912.jpg

Mont Blanc
f0007587_0262353.jpg
これで3000円程度なんだからコスパはとっても良いと思われます。

それぞれ今年の抱負を語り合い、新しい企画も生まれ?!?、楽しい一年になりそうだな☆

chez tomo
http://www.chez-tomo.com/
[PR]
by rentheadsny | 2009-01-11 00:40 | Restaurant
<< ついに銀座のラデュレへ・・・ 代々木上原パンツアー >>