世界パティスリー2009

先週の話になるけれど、“世界パティスリー2009”見てきました。
何かと言うと、世界8ヶ国対抗のパティスリー選手権、ってとこかな。
フランスで言う、クープ・デュ・モンドみたいなもので、それに並ぶ大規模な大会になったらしい。
f0007587_10225352.jpg
開催されるのは知っていたけれど、チケットが予想外に高かったので(見るだけで15,000円!!)行く予定はなかったところ、お友達に関係者がいて何とチケットいただけました☆

ありがとう!!!

皿盛りデザート、アントルメ、ショコラ、ピエスモンテ、などなど、いろんな種類の作品を2日間にわたって3人で作り上げていく。すごい!
プチガトーなんかはとっても興味深くて、ケーキの構成ぐらいは全部説明してほしかったな。
f0007587_10282431.jpg
やはり突出していたのは、日本チームとフランスチーム。
フランスチームの3人は知った顔が揃ってました。
キャプテンはエコール・クリオロのSantos氏、元コルドンシェフのローランさん、今コルドンの先生をしているブルノーシェフ。こう考えると、コルドンのシェフたちってやっぱりスゴかったんだなーと思う。

この戦い、日本が優勝しました。
2位はフランス。
ピエスモンテでの得点が決め手になったようでした。
パティスリーの世界ってやっぱり芸術だな~としみじみ感じた瞬間。

お隣の会場ではSUITE SWEETS JAPANっていうイベントも開催されてました。
こちらはいろんな会社のプチExpoという感じ。
この前のFOODEXが頭にあるせいか、めっちゃ小規模。

その中でもひときわ長い行列ができていたのが、“フレデリック・ラロ”
知らないなぁ・・・と思って覗いてみたら、なんか見たことあるマークが。
あ!!!!!
これはパリで家の近所にあったパン屋、コルドンでは毎日食べていたあのMOFの
boulangerではないですか。
あのパン屋が遂に東京進出なのか?!
食べたかったけど、あまりにも大行列なので諦めました。。

日本の食ってほんとスゴイ。
[PR]
by rentheadsny | 2009-03-22 10:50 | gâteaux
<< 代官山&中目黒 食散歩 Gâteau Basque C... >>