レ・ビノム

西麻布のビストロ“レ・ビノム”へ。
とーーってもすてきなお店でした!
f0007587_21421726.jpg
こぢんまりとして温かい雰囲気のお店で、私たちはカウンター席へ。炭火でお肉を焼いてるのが見えて楽しげ♪

まずはamuseが出てきました。ビストロなのにびっくり。しかも美味しい!
シンプルなフランにトマトのジュでした。
やさしいお味です。

がっつり系のお肉がメインということで、私には珍しく赤。でも重いのは苦手なためブルゴーニュで。これならイケる、なんて調子で、最終的にはかなり飲み過ぎました・・・。



非常にサンパな店員さんのアドバイスもあり、まずは豚とフォワグラのパテ。
かなりのボリュームだったけれど、あまり塩辛くないのであっさり食べられちゃいました。
お口直しの、と添えられたサラダも立派においしかったです。
f0007587_21523857.jpg
続いてもフォワグラ☆大好きなんです☆
f0007587_21571081.jpg
添えられているのはアーモンドのメレンゲで、「一緒に食べるとお口の中でマリアージュが・・・」という説明の通り一緒に食べてみると、、ほんとだ!驚きの絶妙マリアージュでした。
幸せすぎるー。

こちらのお店、1つオーダーしてもちゃんとこうして1人ずつのポーションに分けて持ってきてくれるっていうのが気がきいてるなと。
自分たちで取り分けると微妙な状態になりかねないので、これはかなり嬉しかった。




そしてメインは、蝦夷鹿のグリル。鹿をいただくのはもう4年振り。
というか今、自分で書いててびっくり!もう4年も前なのかぁ。
パリで料理人のお友達のジビエdinerにお呼ばれして、それこそ感動的においしい鹿さんをいただいたわけでした。ジビエの美味しさを知ったひととき。
f0007587_2271613.jpg
この蝦夷鹿も非常においしかった!エシャロットと赤ワインのソースと胡椒でシンプルに。
噛むとお肉の旨みがじわじわとお口に広がります。

ガツンとお肉を食べたけれど、まだ〆は入りそうな感じだったので、人気メニューだというウズラのカレーを最後に。
f0007587_23352586.jpg
ウズラは皮がカリカリでジューシー。辛目のカレーとマッチして最高の〆でした。

なんとも満足度の高いお店☆
この前のカンテサンスも非常によかったけれど、レ・ビノムは普段使いでおいしいものを食べたい時に訪れたいお店でした。また季節が変わったら行きたいなー。

そして、やっぱり私はデザートがないと終われないでしょ。
すぐそばにあるderriereへ。こちらのカフェ、深夜2時ぐらいまでやってるっていうのだからさすが西麻布。ひっきりなしにお客さんが来てました。ミルクレープと季節のフロマージュのケーキで本当にディナーの終了。
美味しいものを食べて過ごす時間は幸せだなと改めて感じたある日の夜でした。
[PR]
by rentheadsny | 2010-03-21 23:44 | Restaurant
<< Rouleau Printemps 水戸の梅 >>