ショートケーキはお好き?

日本で「ケーキ」といえば、その代表格はショートケーキ。
どこのケーキ屋さんにも置いてあるかと思いますが、これ、フランスにはありません。

ルーツはイギリスにあるようで、いわゆる“いちごショートケーキ”は日本で進化を遂げたもの。フランスには、バターを使ったやや重いクリームといちごの組み合わせで、“フレジエ”があるけれど、食感も見た目も別物。

そもそも生クリームをそのまま食べるケーキっていうのはフランスにはほとんどありません。当然、コルドンでショートケーキ実習もない。
って言い訳するわけじゃないけど、私は“ショートケーキ”的なものを作るのが一番苦手・・・。スポンジと生クリームとフルーツっていうシンプルさゆえに、コツをつかまないと本当に美味しいものができない。
そもそも我が家は誰もショートケーキ好きがいないので(どっちかと言うと、むしろ敬遠気味)、要望がないので更に作る機会もなかったのです。
f0007587_10593135.jpg
でも、先日、久々においしいショートケーキをいただいたせいで、珍しく自分で作る気になり、いちご&オレンジのショートケーキを母の日に作りました。
スポンジの作り方をちょっと変えたりしたら、満足いくものができあがって、ショートケーキ嫌いの家族にも好評でした☆

今まで、ショートケーキ好きの気持ちが微塵もわからなかったけれど、ちょっとその意見に歩み寄れた気がします。作るにも、手順は簡単で、見た目もかわいくておいしいとなれば、ちょこちょこ作る価値はありそう。

こういう発見と進歩があるからお菓子作りはやめられない。
[PR]
by rentheadsny | 2010-05-26 11:10 | mon gâteau
<< 佐野のパワースポット 吉兆 >>