ナポリの食

雪さえ積もっていた北イタリアから一気に南下して、ナポリへ。
一転してコートもいらない暖かさ。南はいいなぁ。
f0007587_22473297.jpg
よく聞くように、同じ国でも南北では全く違う国のように違う文化や雰囲気が流れていました。特にナポリは異様。
イタリア人に、ナポリへ行くと言うと、「あー・・・」って苦い顔をされる。そして、「身の回りには十分気をつけて」と。確かに、街はゴミだらけ、人は多くて、気を抜ける雰囲気ではない。イタリア人さえも敬遠するナポリ。なんという街なんだろう・・・。

「ナポリでいいところは2つだけある。」というイタリア人がいた。
1つはピザ。もう1つはコーヒー。
そう。私は本場のマルゲリータが食べたくてナポリに行ったのだ。
f0007587_22552269.jpg
BRANDIというこのレストランでかのマルゲリータが生まれたそう。
これが発祥か~、と味わいながらいただきました。

それと一緒に頼んだ、モッツァレラと生ハムのサラダもとーってもおいしかった!
やっぱりイタリアはチーズとハムだ♪
f0007587_2258722.jpg
ナポリでの目的を果たし、カフェタイム。老舗のカフェ“ガンブリヌス”でエスプレッソを。 濃い!
f0007587_23112666.jpgf0007587_23115122.jpg











そしてナポリはお菓子も有名。ババとか、このスフォリアテッラとか。
最初にイタリアに行ってスフォリアテッラを見た時は、そのつくりに興味津々でした。
パイ生地を重ねて作るそうですが、パリパリですごくおいしい。
ちなみに中身はオレンジ入りのリコッタチーズ。

南イタリアの食もいいなぁ。
[PR]
by rentheadsny | 2011-01-05 23:19 | voyage
<< 世界一おいしいパスタ 美食のピエモンテ >>