St. Cousair

f0007587_1050644.jpg長野の旅で絶対行きたかったのが、サンクゼール。
ここの食材、大好きなんです。商品は東京でも買えるけど、お店の方に本店にぜひぜひ行ってみてください!!と強力にお勧めされてから、ずーっと行きたいと思ってたところ。
飯綱町という、りんごの生産地にあって、周りは本当にりんご畑だらけ!
今も買ってきたりんごをかじりながら書いてます。

f0007587_111431.jpgそんなエリアの丘の上にありました。
エントランス付近にもぶどう畑があって、建物の雰囲気もステキ。わざわざ足を伸ばしてきて良かった~。

まずはワイナリーツアーに参加して、ワインの醸造施設を見せていただく。思ったよりも小規模。


そして、丘の上のレストランでの念願のランチ。
ここが軽井沢店の店員さんにあつ~く語られた場所。ぱーっとブドウ畑が広がってて、まるでブルゴーニュのようなんです!と。平地はりんご畑だし、ブルゴーニュは言い過ぎだとしても(笑)ヨーロッパのワインの産地に通じる雰囲気は十分ありました。
f0007587_134673.jpg
観光地のど真ん中にあるわけでもないし、しかも平日なのに、結構お客さんはたくさん。
前菜・メイン・デザートのコース。私の前菜は、甘エビのムースに小柱と野菜たち。
f0007587_13534442.jpg
もう一方はこんな感じ。
f0007587_13555646.jpg
f0007587_13561766.jpgパンは自家製のようで、とっても美味しい。
もちろんサンクゼールのジャムやオイルと共に。







メインはどちらも飯田産の豚。同じ豚なのに、調理法の違いで驚くほどに違う食感。
付け合せの野菜共々、とっても美味でした。
f0007587_1404398.jpg
f0007587_1405562.jpg
は~、幸せ。これでワインが飲めたら最高だろうな・・・。

デザートには、杏のガトーショコラ。
実は今お腹の大きい私には、お皿に心温まるメッセージが♪
いろいろ言葉をかけていただいたりもして、お店の方々の心遣いがとっても嬉しい。
f0007587_1453358.jpg
もう一つのデザートは旬の桃を使ったもの。
f0007587_1471768.jpg
本当に大満足のランチ。ヴィラデストにも似ているところがあるけれど、雰囲気や風景も含め、サンクゼールの方が私は好き。

お隣にはチャペルもあって、フランスやイタリアの田舎町を思い出しました。
長野や小布施まで行ったなら、是非とも足を伸ばしてみてください。

■St. Cousair
http://www.stcousair.co.jp/valley/index.html
[PR]
by rentheadsny | 2011-09-12 14:19 | voyage
<< カヌレ 軽井沢の朝~戸隠へ >>