パイシリーズ

f0007587_1055898.jpgこれはGalette des Roisというお菓子。パイ生地の中にアーモンドクリームが入っているごくごくシンプルなものなのだが、いろいろと由来のあるお菓子なのです。1月のキリスト公現節に因んだもので、中にはフェーヴ(空豆という意味。昔は本当に空豆が入っていたそう。)と言って陶器のおもちゃみたいなのが入っており、それが当たった人はその日一日王様になれる。
1月は日本にいないので、ちょっと早いけど作ってみたというわけ。パイ生地の技術はまだまだ未熟なせいか、膨らみ方がいびつになってしまって平らにきれいにできあがらなかったんだけど、味はそこそこいけてました♪
残ったパイ生地で、翌日ミルフィーユ作成。このクリームはプラリネ風味にしてみました。パイを焼いてクリームを挟むだけの簡単ケーキだけど、シンプルだからこそ大好き。メニューにあるとついついオーダーしてしまうのだ。しかし、パリでふらっと入ったカフェで食べたミルフィーユの10ユーロ(1400円)にはビックリしたもんだ・・・。
[PR]
by rentheadsny | 2005-12-22 11:16 | mon gâteau
<< クリスマスケーキ 無事に修了 >>