まだ食べられます・・・

日曜日の予定といえばこのところパティスリーめぐりが定番となってきました。
最近はクラスメイトと出掛けることが多い。一人だと1個食べて終わってしまうのが、二人なら半分ずつ2種類の味を試せるから、より楽しめるからだ。
f0007587_0181812.jpg1軒目はピエール・エルメ。
ホントにここのケーキは美しい!でもそれ以上に高いけど・・・。
迷いに迷って、結局一番有名なIspahanという、マカロン・ライチ・フランボワーズ・バラという組み合わせのケーキにしました。
ライチの果肉がごろごろ入っててそれが爽やかで上品。彼のトレードマークとなるだけあるケーキでした。

対応してもらった店員さんがとってもフランクな人で、エルメのモンブランが食べたいって話をしたら(栗は冬のものなので残念ながら今の季節は出ていない)、個人的にはアンジェリーナのモンブランが絶対一番よ!ってこっそり教えてくれた。
そのお店の人が他店を勧めるぐらいだから、やっぱりアンジェリーナは不動らしい。
アンジェリーナのって、よく甘すぎだとかって言われてるけど、日本で食べた時もパリで食べた時も甘すぎだとは全然感じなかったんだよなぁ。
私の味覚っておかしい?

f0007587_0333645.jpg続いて向かったのはSadaharu AOKI。
こちらは気付けば7割方食べているので選択肢はかなり少ない。
これは日本のお店で一番高くて(確か800円だった。パリでは4Euro)買えなかったチョコケーキ。
塩味のキャラメル、しょうが風味のチョコレートムース、と、味はかなり変わっている。
意外な組み合わせで美味しかった時は一番嬉しい☆
そして店員さん(日本人)がカッコ良かったことも輪をかけて嬉しかった(笑)
[PR]
by rentheadsny | 2006-04-24 00:47 | gâteaux
<< ミルフィーユ 週末の授業 >>