更に田舎へ~コルマール、リクヴィル編

f0007587_252416.jpgストラスブールから電車で30分、コルマールという小さな街にやってきました。ここもドイツ風のかわいい町並みが残る街で、アルザスワインルートの中心にもなっているところ。小ベニスと呼ばれるエリアがあって、小さな船で観光している人達がいるとってものんびりしたところだ。

f0007587_261977.jpgここでも、とある本でおいしいと書かれていたパティスリーへ向かい、この地方のお菓子であるリンツァー・タルトを買ってみた。
これは日本のコルドンブルーでも作ったお菓子で、シナモンの効いたタルト生地にフランボワーズジャムが入ったものである。その時はシンプルすぎて面白くないって思ったけど、本物のリンツァー・タルトはシンプルだからこそすごくおいしかった。


そこから更にバスで30分、アルザスワインルートの一つ、リクヴィルという街へ。バスには私一人だけ・・・。どんな所なのかと不安になりつつ着いてみると、そこは観光客だらけ!着いた瞬間あまりの町並みのかわいさに、嬉しくなって走り出しそうな勢いであった。f0007587_27359.jpg
葡萄畑の中にある小さな街はあちこちにアルザスワインを売るお店が並んでいた。

この風景→、なんか日本ぽくない??おっきな樽が置いてあってまるで酒蔵の街みたい。日本のお酒=日本酒、フランスのお酒=ワイン、だから結局そういうことなんだろうな~。

街中もかわいいけど、私はバスの中から見た、葡萄畑から眺める街の風景を見たくて町外れをウロウロ。f0007587_2141123.jpgなんとなく選んだ道を汗かきつつひたすら登ってみると・・・

絶景!!!!!
どこまで続くかわからないぐらいの葡萄畑の中からリクヴィルや他の街々が一望できる。もう何と言っていいかわからないぐらい清清しい風景で、ボーっと何時間も眺めててもいいかもって思ってしまった。後でガイドらしき人の話を通りすがりに聞いたら、ココは街がきれいに見渡せる場所で有名だったらしく、知らないのに来られた自分の勘に感謝。

思いつきで来た街だったけど、本当に来て良かった☆
ここでもアルザスワインを買いたかったけど、悔しいけど重いボトルを持ち帰るのは不可能(涙)。ということで帰ってきてから早速アルザスワインとアルザスチーズを買いこんで、只今それらをつまみながらアルザスの旅を振り返っているのであります。。。
[PR]
by rentheadsny | 2006-05-10 02:28 | voyage
<< 筆記試験 ドイツ国境の街~ストラスブール編 >>