南仏の小さな村

f0007587_21162834.jpgニースの近くには「鷹の巣村」と呼ばれる、丘の上に存在する村々がある。その中でも特に知られているEze(エズ)へ。
ニースからバスで山を登ること30分、村のふもとからは車の通れない小道を登っていく。あるものと言えば、かわいい雑貨屋さんかゴージャスなホテルで、生活感のないテーマパークみたいな村である。

頂上はナゼか「エキゾチック・ガーデン」とか言ってサボテンなどが植わっているエリアになっている。そしてこここそがEzeを代表する景色が見られるところ。



f0007587_21293531.jpg眼下の海岸沿いにはコート・ダジュールの家々、そして青い海、遠くニースも見える。
本当に気持ちいい!!
左に見えるのがゴージャスホテルなんだけど、こんな風景見て泊まれたら最高だよなぁ。。。



f0007587_21535248.jpgこの日は「鷹の巣村」をハシゴ。ガイドブックにもほとんど出ていないRoquebruneへ向かう。
ちーっちゃい村だけど、駅はモナコ(→高いビルが建ってるあたり)のお隣である。
本の説明によると「駅からタクシーで10分」。
でも当然のごとく駅前にはタクシーどころか人気もない。一応、目的地は丘の上に見えている。
       登りますか・・・。
しっかしこれがキツかった!暑いし、途中おっきなヘビが登場するしで、去年行った屋久島の縄文杉登山を思い起こさせるほどだった(言い過ぎ?)。

でも着いてみたらEzeなんか忘れてしまうほどの素晴らしい村!!f0007587_225991.jpg
まずこの景色。時が止まったような村が一望である。
実はこの時、あの「モナコ・グランプリ」が開催中で、静かな村には遠くから“ブォーン”というレースの音が響いていたのでした。車は興味ないけど、ちょっとワクワクする♪



そして村の人達の温かいこと。
最初に見つけた雑貨屋さんは若いマダムの手作りのお店。スイカが描かれた夏らしいテーブルクロスが気に入ったんだけど、あいにくピクニックセットの一部。「これだけ欲しい」ってお願いしたら、「また同じの作るからいいわよ。」って言って、テーブルクロスだけ売ってくれた☆
f0007587_22223457.jpgおばあちゃんのお店もかわいかったなー。地図を片手にうろうろしていると「迷ったの?」って声かけられて、ついでにレースのお店を見せてもらうことに。おばちゃんが丹念に作り上げたかと思うとたまらなく欲しくなってしまった。
ここまで歩いて登ってきたって言ったら、本当にビックリされちゃった(笑)。やっぱりあの階段は普通は登らないよねぇ・・・。

f0007587_2233257.jpg歩いて歩いて腹ペコ2人組は唯一見つけたカフェで休憩。チーズケーキとガトー・ショコラを頼む。チーズケーキは残ってたの全部持ってきちゃったんじゃないの?!ってぐらい大きかったけど、普通にペロリといただきました♪こういうシンプルなケーキもほんとにおいしい。




ニースでもユースホステルに泊まったんだけど、この日は日本人大集合。ラウンジでごはん食べてたらあっという間に10人以上集まってて、聞けばほとんどがモナコ・グランプリ観戦。そんなにスゴイならちょっと見てみるのもいいかな、って思ったら、チケットは何万円もするそうで・・・。長期で旅行してる人や、ヨーロッパ在住の人たちが多くて、思いがけずニースで日本人の集いを楽しみました★
そうそう、この時はカンヌ映画祭もやってて、同じ部屋にはチリの女優さんがいました。
たまたまカンヌとモナコに当たってしまって、ホテル取れないじゃん(怒)って迷惑がってたけど、逆に珍しい出会いがあってよかったよかった。
[PR]
by rentheadsny | 2006-06-07 22:37 | voyage
<< 冷静と情熱のあいだ 海だっ~! >>