ブルターニュはクレープ天国

今回のブルターニュ旅行、一番の目的は本物のクレープを食べること!
そう、この地方の名物料理はクレープなのだ。
f0007587_2293693.jpg日本でよく見かける甘いクレープもあるけれど、食事のメインになる塩味のクレープ(ガレット)が主。塩味クレープはだいたいそば粉でできている。
中身は恐ろしいほどたくさんあって、メニューを解読して一つ選ぶのが大変なこと!
基本はハム・チーズ・卵の“コンプレ”。


f0007587_2295691.jpg最初に入ったお店では、スモークサーモンなどのお魚の燻製とクリーム(クリームもこの地方の名産)と、ハム・マッシュルーム・クリームという2種類をチョイス。
皮がパリパリで軽く、クリームもしつこくなくて、あっという間に平らげてしまった。




f0007587_2441128.jpgそうそう、ガレットのお供にするのはシードルが定番。(りんごはフランス北部の名産)
アルコールは入っているけど、炭酸りんごジュースの感覚であっさり飲める。おいしいっ!
ガレットは量が少なく見えたものの、スパークリングをお供にしたせいもあって、すっかり満腹。



翌日も別の街で美味しいと評判のクレープ・レストランに入りました。
f0007587_2515565.jpgこのお店が激ウマ!!
友達共々、「衝撃的な味だった」って納得し合う味。前日のクレープは厚めの皮がしっかり焼かれてるという感じだったのに比べて、こちらは薄い皮をバターでかりっとさせた感じ。
付け合せのトマトもめちゃめちゃおいしかったのだ。オリーブオイル・にんにく・バジルなどが入っていて南仏風なのだが、クレープに合うこと!


あまりのおいしさに、ここでは甘いクレープにも挑戦。甘いクレープは普通の小麦粉の皮を使います。お勧めを聞いてみると、りんご-キャラメルだって。どっちも地方名産☆となれば即決。こっちもおいし~い!
f0007587_35293.jpg
この衝撃的なクレープリーは建物もかわいかった♪
カンペールというフランスの西の果てですが、行く機会がある方は、Creperie du Saleeおすすめです。

すっかりクレープの虜となった今、勢いでクレープ用フライパンを買ってしまいそうです・・・。その前に、パリで一番おいしいっていうクレープリーに行って、味比べをしようかな?
[PR]
by rentheadsny | 2006-07-03 03:19 | voyage
<< 久々のホームステイ先へ フランス-ブラジル戦 >>