夏の冷菓

なんとなく和風のひんやりデザートが食べたくなって、棚の中の和食袋を物色していたら、出てきました、“吉野葛”
頼んでもいないのに日本からの荷物と共に送られてきた吉野葛。たぶん家では私ぐらいしか使わない素材だったからパリまで送ってきちゃったんじゃないかと思われます・・・。
でも私だって使いこなせる素材じゃないのよ。

裏を見ると葛餅の作り方が書いてあったので、やってみることにしました。
(毛筆体ですらすらと)「葛茶碗一杯を水茶碗四杯の割合によく溶かし、杓子で攪拌しつつ炊きつめ、夏は程よく小切りにして冷水にひたし、砂糖をかけていただく」
簡単だ!
f0007587_22525131.jpg
船橋屋の葛餅を思い浮かべてたら全く別物が出来上がりました。柔らかくてとろんとしていて、わらびもちみたいな感じ。そういえば船橋屋のは本葛じゃなくて小麦粉使ってるとかって聞いたことがあったような・・・。
私の大好物のくずきり、同じように簡単に作れるのかなー?
[PR]
by rentheadsny | 2006-07-09 22:57 | mon gâteau
<< C'est fini. クレープ食べ比べ >>