儚いケーキ

近くに行くと寄らずにいられないパティスリー"Pain de Sucre"
また行っちゃった。
確実に、パリに来てから一番食べてるケーキ屋さんだろうなぁ。
f0007587_572316.jpg
今日はどれにしよう・・・?
ずっと食べたいと思ってたものが久々に出ていたので、このココナッツのケーキ"EPHEMERE"に決定。ephemereって「儚い」とか「かげろう」って意味なんだって。
ふーん、一つ単語の勉強になったわ。

ココナッツムースの中にはブルーベリーのジャム。ムースは柔らかい甘さ、ジャムは酸味がしっかりと効いていて、全体的にまとまりのある軽くて夏っぽいケーキでした。




相変わらずフランスは猛暑続き。この前、家までケーキ持ち帰って暑さで崩れた苦い経験があるので、パティスリーに行く時はフォーク持参して、買ってすぐに食べることに決めました。
これは徒歩5分ぐらいのところで食べたのに、もうそれで持ち歩き時間限界って感じ。
夏のケーキ、確かに儚い・・・。
[PR]
by rentheadsny | 2006-07-26 05:19 | gâteaux
<< コルドン・ブルーな日々 エッフェル塔散歩 >>