お菓子を焼いてみた

パリへ遊びに来た友人への手土産に、焼き菓子を作りました。
彼女のリクエストに応えてマーブルケーキと、空いたスペースでガレット・ブルトンヌ。
f0007587_2159391.jpgパウンドケーキを作るのは本当に久しぶり。私にとってのお菓子作りの楽しみは、焼き菓子がぷっくりと膨らむ面白さにあるかもしれない。オーブンの前に正座して、じーっと膨らんでいく様子を観察したりもします。ヘン??

ガレット・ブルトンヌは以前作って好評だったレシピ。先日買った高級バター(有塩)で作るとどんなものができるのか試してみたかったのと、未だに続くブルターニュ熱のため。
このバターは特に塩味が強く出るようで、お菓子の中にもしっかり塩味が感じられました。でも勝手なアレンジで冷蔵庫に眠ってたマロングラッセのラム酒漬けを入れてしまったので、バターの香りがそれに消されてしまったかも・・・。
まわりはサックリ、中はしっとりホロっとしたソフトクッキーみたいなお菓子です。

すごく簡単なのでレシピをご紹介。

卵1個+卵黄4個、ポマードバター200g、砂糖200g、小麦粉400g、ラム酒大さじ2を順番にボールで混ぜていく。
バターを薄く塗った型に入れて表面を平らにし、溶き卵か牛乳を塗って、フォークで模様を付けて、180℃でしっかり焼き色がつくまで焼く。

(注)フランスのレシピはかなり分量が多いのでいつも半分ぐらいで作ります。
[PR]
by rentheadsny | 2006-07-27 22:02 | mon gâteau
<< PAGE35 コルドン・ブルーな日々 >>