旅の宿、いろいろ

一人旅の宿といえばユースホステル。特にドイツは質が高いので安心して泊まれる。
アイゼナハでもユースを予約していたのだけど、行ってみたらスタッフの手違いでオーバーブッキング!! ドイツ人を過信するべからず。
街から離れた薄暗い山の中、これから他の宿なんか探してらんない。山に登ってヘトヘトなんじゃい!

すると、同じ通りに25ユーロで泊まれるところがあると紹介され、渋々行ってみる。
同じ通りとは言え、山道の幹線道路、数件先がやたら遠い・・・。もう不安も絶頂。

f0007587_2321641.jpg暑さと冷や汗で額を濡らし、着いたのは山の中の邸宅だった。
あれ?別のユースじゃないの?

案内された部屋は、今まで泊まった中でもトップをゆくであろう、かわいらしくて広々した本当にステキな部屋。
小物一つにもセンスがあり、質素だけれど気品のある感じ。
25ユーロじゃ申し訳ないです。

f0007587_238561.jpg朝食は隣の部屋に用意してくれていた。
クラシックのかかるダイニングで、ゴージャスな朝食タイムを独り占め。
(本日のゲストは恐らく私一人)

宿無しの冷や汗はもうかきたくないが、ここに泊まれたのは嬉しいハプニングだった。



アイゼナハの次に泊まったのはドレスデン。
ここのユースは、鍵を開けてみたらシングルルームだった☆
ドイツ、素敵すぎます。 朝食も豪華。

f0007587_2330068.jpg後半は国が変わってチェコのプラハ。
ここは普通のユース。てか、ドイツから来たせいか、やたら汚く思えた・・・。
でも、相部屋に泊まるのも楽しい♪ 同部屋の日本人の女の子とは2日間一緒に行動したし、ドイツ人の子にドイツ語訳してもらったり、旅情報聞いたり。
これぞユースの醍醐味。

まだ、一人旅をしたことのない人。
一人だから寂しいんじゃないのよ。
一人だから友達ができるから楽しいの★☆
[PR]
by rentheadsny | 2006-09-25 23:34 | voyage
<< 旅のテーマは“音楽” バッハの故郷 ~アイゼナハ >>