お菓子の新傾向

先日書いた、エルメのマカロンとFAUCHONのエクレア。
それぞれフォアグラやトリュフと、普通はお菓子に使わないような味のものだった。
確か、エルメにはトリュフのケーキもあって、全然美味しくないという感想を聞いたような気がする。新しいことをしよう、価値を上げよう、ということの表れかと思うけど、味はやっぱり???ですよ。。。

パティスリーの最先端を行くであろうエルメとFAUCHONが揃ってこういう素材を使うんだから、きっとこれから流行るんだろうなぁ、と思っていた矢先、スタージュ先のお店でトリュフを発見。

まさか、ここもか・・・?!

ここもでした。
数日後、タルトの中に黄色いクリーム、そこに見える黒い点々はまさしくトリュフ。数個だけしか置いてないのに冷蔵室の中はトリュフの香りがする。

これが一体どんな味なのか気になって気になって・・・。
シェフのいない間にボールの中のクリームを味見。
?????????????
このクリームだけの感想で言えば、おいしくないです。
簡単に言うならば、カスタードクリーム系の味のところにトリュフが入ってる感じ。

このタルト、年末のスペシャルケーキなんだろうか?
私的にフォアグラはアリだったけど、トリュフはお菓子には合わない。
でもいつか美味しいと思う日が来るのかも。
期待を込めて、完成形のトリュフのタルトを食してみたい!
っとその前に、いくら???
[PR]
by rentheadsny | 2006-12-31 02:01 | gâteaux
<< 大晦日のパリ クグロフ&ブレッツェル >>