おいしい散歩

友達と何となくパティスリー&ブーランジェリー巡り。

f0007587_3254414.jpgスタートはスタージュのお店、
PAIN DE SUCRE。
半分ぐらいは食べたことがあるけど、まだ知らないケーキもたくさんある。
特に気になってた一つがこれ、野いちごのタルト。ぱりぱりのタルトの中に、アンゼリカ風味のリコッタチーズのクリームが入っている。私はアンゼリカの香りが苦手だけど、これは野いちごがあるせいで、強すぎずにおいしかった。
フランスには珍しい軽くて爽やかなタルトでした。
ここのお店はやっぱりおいしいと嬉しくなった☆

次に向かったのはジャン・ミエ。日本にもあるお菓子屋さん。
ここは実は私の中で一番ガッカリ~なお菓子屋さんである。日本にもあるし、青木定治氏も働いたことのあるお店だから、どんなに立派なお店だろうかと思って出掛けた。
が、最初は気付かずに通り過ぎてしまった。戻ってお菓子屋さんらしき店を発見したものの、えっ?これ???って信じられず、お店の名前を何度も確認・・・。
紛れもなく、そこがジャン・ミエだったのだ。

店構えは、昔ながらの「喫茶店」。ウィンドーに見えるお菓子は色に乏しく、茶色か黒か。
隣のパン屋のケーキの方がよっぽど食欲をそそる。しかし値段はいっちょまえに高い。
何で有名なの?ものすごく疑問です。。

この近辺は私の大好きな“おいしいエリア”である♪
ジャン・ミエのご近所さんには、パン屋のSECCO。店構えがとてもカワイイ。
f0007587_3464537.jpg
こんな巨大ガレット・デ・ロワ買ってみたい!

f0007587_433943.jpgこの辺に来るとSECCOとどっちにしようか迷うブーランジェリーがJulien。数年前にバゲットコンクールで優勝したお店。でも今日は違うお店を思い出し、Julienをあとにする。

しっかしねー、ここまで派手に店を飾らなくてもいいんじゃない?!



そして向かったのは、私が大好きなマリーアンヌ・カンタン(チーズ屋さん)の目と鼻の先にあるpain d'epis。結構評判のブーランジェリーらしい。目玉商品のバゲット購入。1.1ユーロ、高っ!
でも、皮はおせんべいのようにバリバリ、中はふわふわもっちり、っていうのがおいしかったから高くても良し。

PAIN DE SUCREのバゲットと食べ比べながら最後に向かったのは、Jean Paul Hevin。
チーズをチョコでコーティングしたのを買おうと思ったのだけど、バラ売りをしていなかったので断念。う~ん、いつか食べねば!

と、6軒巡って幸せな仕事帰りの夕方☆
[PR]
by rentheadsny | 2007-01-13 04:21 | gâteaux
<< 力持ち 黒いトマト >>