シャルトル銘菓

あったかくなると旅に出たくなる。
今すぐには出掛けられないので、写真を眺めてみたりする。
f0007587_450591.jpg
f0007587_4525613.jpg最近で一番印象深かったのはシャルトル。
町並みがとてもかわいかったし、お菓子でも楽しめたから。

シャルトルで有名だというお菓子とは、マカロン。
普通マカロンといって思い浮かべるのは、色鮮やかな生地の中にクリームが入っているものだけど、フランス各地にはそれぞれの違ったマカロンがあることに気付く。

例えばナンシーのマカロンはクリームが入っていない。
ビスケットみたいなもの。



シャルトルには一風変わったマカロンがありました。
f0007587_505678.jpg
フォワグラにサーモン?
アペリティフ用って書いてある。塩味なのかな?
ウィンドーには出てたけど、店内では見当たらずに味見できませんでした。
このお店で買ったものは、よもぎ味など珍しいもの。
ちょっと甘かったけど、まずまず。


f0007587_561923.jpg「マカロン屋」と掲げるお店さえありました。
マカロンが山積み。
こちらは生地を良く焼いてあって、素朴な味と色合い。
パリでは見かけないタイプのマカロン。
結構こういうのも好きだな。


フランスのどこにでもあるマカロンをシャルトル銘菓というのは微妙かもしれないけれど、シャルトルにしかないであろう銘菓と呼べそうなものもありました。



f0007587_5142665.jpgその名はMentchikoffs(メンチコフ?)
ロシアのどこかから来た名前らしい。
メレンゲ、チョコ、プラリネを使った小さなお菓子のよう。
買うチャンスがなくて結局食べてないんだけど、おいしいのかな?
今さら気になってきた・・・。
[PR]
by rentheadsny | 2007-03-31 05:29 | voyage
<< 右岸→左岸 読書をしにお散歩 >>