いちご&リュバーブ

今、マルシェがとっても華やか。
真っ赤ないちごがキラキラと並んでいて、私の大好きなホワイトアスパラも山積みに並べられている。ぽかぽか陽気(むしろ暑いぐらい)も手伝って、どんどん手が伸びてしまう。

去年作ったいちごジャムが意外に美味しくできたので、今年はリュバーブと一緒にジャムにしてみようと思って、まだ出始めのリュバーブを早速買って作ってみました。

いちごとリュバーブは同量、そこに3割のお砂糖を入れてぐつぐつ。
どっちかと言うとコンポートのような感じかな?
色を付けたかのような鮮やかなジャムが完成☆
f0007587_4281127.jpg
一瓶はなかなか食べ切れないかなと
思っていたけど、既製品のジャムよりは砂糖控えめ、素材の酸味も効いているからたくさん食べられる。
友達にも大好評で嬉しかった♪

本日のデザートはこのジャムを使って
さっぱりと。
フロマージュ・ブランに乗せるだけ。
おいし~






このジャムを食べながら、日本とフランスのフルーツの話になった。
この前日本でいちごを食べた時、甘くてなんと美味しいんだろうと感動したのだけど、戻ってきてフランスのいちごを食べてみたら、酸味が効いていてこれはこれで美味しいと思ったのだった。
日本のフルーツは改良しすぎて本来の味が失われているのではないか?
フランスのフルーツは太陽をめいっぱい浴びた野生的な本来の美味しさがある気がする、と。
温室育ちの優等生とわんぱく元気っ子、という感じかな。

マルシェに並ぶわんぱく達がかわいく思えてきたぞ?!
[PR]
by rentheadsny | 2007-04-17 04:59 | mon gâteau
<< KUSMI TEA Hier & Aujourd&... >>