LADUREE

パティスリーのケーキを見て食べることは、もちろん旅の大きな目的。
1年半の生活でフランス寄りになった味覚と視覚、それをもって接した日本のケーキ。
で、また日本人的感覚に慣れつつある状態で食べるフランスのケーキ。
留学中とは違う想いでフランスのお菓子を見てきました。

短い滞在で食べたのは、LADUREE、Pain de Sucre、Pierre Herméの3軒。
まずはLADUREE。今年中に日本に出店するって、かなり確実なウワサが立っていたのに、全然気配もない。来年中にはできるんだろうか?

f0007587_1714233.jpgお決まり、St.-Honoré。
でも基本のキャラメル味は初めて。

シャンティの中には軽めのカスタード?これは文句なく美味しい!!










ミルフィーユ(キャラメル味)
f0007587_1716653.jpg
ミルフィーユは断然AOKIだと思っていたけれど、これもなかなか私好み。
キャラメルの濃厚な感じがよいです。

f0007587_1718973.jpgindividuelのブッシュが出ていたので、その中から一つ。
本当はもっとかわいく、妖精かなんかのモチーフが付いていたのだけど、箱にくっついちゃってました・・・。
周りは赤だけど、中は真っ黒。ブラックチョコのガナッシュとムースで、色のコントラストといい、味といい、私はこれが一番好き。

他のブッシュは、マロンとイスパハンのと、他にももう一つありました。



LADUREEはクラシックなお菓子が多くて、それが常に期待を裏切らないおいしさだと思うのです。今まで以上に自分の中で評価がアップでした。
早く日本にもできてほしいような、しかし、パリだけであってほしいような・・・。
[PR]
by rentheadsny | 2007-12-18 18:10 | gâteaux
<< 続いてPain de Sucre Iénaのマルシェ >>