続いてPain de Sucre

ちょうど1年前にスタージュ(研修)を始めたパティスリー、Pain de Sucre。
このところ、日本の雑誌やガイドへの露出も多くなってきて、お店のラインナップが多くなったり、傾向が変わっていたりしているようです。
ちなみにこの日もお友達がガイドブック用の取材をしたいということで一緒に行ったわけ。

な~んにもわからない状態でドキドキしながらスタージュを始めたのが1年前。
早朝のパリは完全に「夜」で、毎日眺めた夜空に浮かぶHotel de Villeが懐かしく思い出されます。地域柄、ゲイカップルもよく見かけたなー。

思い出話は置いといて、久々のPain de Sucreで買ってきたのがこちら。
f0007587_2245826.jpg
オレンジ色のが、マンダリンと栗を組み合わせたもの。この組み合わせは私がPain de
Sucreで初めて食べて衝撃を受けた味。形は変わったけど再登場だったので迷わず選びました。

鮮やかな赤に惹かれて選んだのはframboiseとroseのエクレア。
やっぱりここのエクレアはおいしい!

だいぶ種類が増えたギモーヴはolive oil&vanillaと抹茶。
olive oilって・・・?と疑問でしたが、変な感じはなくて、なかなかでした。

自分の味覚と視覚の変化を感じたのが、このオレンジ色のケーキ。
大きい!甘い!と感じたので、私の感覚もだいぶ日本に戻ったようです。
それと、1年前と値段が変わってました。前はケーキ全部4.5ユーロだったのに5ユーロ以上のものもちらほら。エクレアも4ユーロと強気値段。ついに、高い高いと思っていたLa
Maison du Chocolatのエクレア(3.8ユーロ)を超えた!

パリの物価、恐るべし。。。

(参考までに1ユーロは今、162円ぐらいなのかな?電卓叩いてみてください。)
[PR]
by rentheadsny | 2007-12-20 23:01 | gâteaux
<< BRISTOLでお茶を LADUREE >>