白くなっちゃった“黒い森”

家族のバースデーケーキにと、Forêt Noireを作りました。
Forêt Noire(フォレ・ノワール)とは、フランス語で「黒い森」って意味。
ドイツ国境辺りにある黒い森のことを言ってるんだよね、確か。
っていうか、黒い森自体はドイツにあるのかな?
ドイツ語ではシュヴァルツヴァルトっていう同じようなケーキが存在します。

ま、前置きはさておいて、しばらく前からフォレ・ノワールが作りたかったのだ。
コルドンで作ったのが美味しかった記憶が強烈に残ってて。
ということで、2年半ぶりのフォレ・ノワール製作と相成りました。
f0007587_003753.jpg
あの頃のレシピを見るといろんな風景が思い浮かんでくるんだなー。
フォレ・ノワールといえば最終試験。
これ当たったクラスメイトは涙目になってたもんだった。(一番大変だから)

私も、これ作り始めたのが夜10時過ぎで、早いとこ終わらせようと試験ぐらい必死にスピードアップ。ナッペは苦手なので、ホームメード感いっぱいのラフな感じに。
(言い訳させてもらうと、フランスで生クリームのナッペをすることはほぼ皆無なのでね)
「黒い森」って言うだけに、最後はチョコで黒くデコるのが基本なのかもだけど、もうこれ以上やると寝る時間がなくなりそうだったので、「白い森」で勘弁してもらうことに。。。
f0007587_010635.jpg
カットすれば「黒い森」が出現します★
やっぱりForêt Noireおいしい!
[PR]
by rentheadsny | 2008-06-06 00:25 | mon gâteau
<< 3人目のジャン・フランソワ 再びL'HABITUDE >>