大失敗

シュー生地はかなり試験に出る確率が高いらしいので、今日もう一度おさらいしてみた。試験と同じ状況で分量と作り方を頭に入れてから、さあ、スタート!
ちょっとドキドキしながら途中までいったところで、ん?なんか生地の状態がいつもと違う?!
慌ててレシピを見直してみたら、やってしまった!分量ミスバターと小麦粉の分量を逆にしてしまっていたのだ。
その後やり直してみてきちんとしたものはできたのだが、この失敗した物体、一応全部食べられるものだし、捨ててしまうのはもったい。それにお菓子って偶然の失敗から生まれたものって結構あるって言うし(パイ生地とかタルトタタンとかね)、ここで何か手を加えたら偶然すごくいいものができるかも・・・なんて思いながら、足りなかった粉を適当に入れてみた。

その1.“ゆでる”
いつか「郁恵・井森のお料理バンバン」で、あの高木シェフがシュー生地をニョッキ風に茹でてデザートを作っていたのを思い出した。これだっ!ニョッキの形にして茹でてみた→中まで火が通らないうちに周りがお湯の中でボロボロになってしまい、あえなく失敗。。。

その2.“焼く”
なるほど、火が通りにくいなら薄くすればいいんじゃないか?ピタとかナンみたいな感じに伸ばしてフライパンで焼いてみた→バターが多いのでやたら香ばしいお煎餅というかクラッカーみたいなものが出来上がった。まあ、適当に再利用したにしては食べられるものができたんだからこれでいいっか。チーズを乗せてみたら結構おいしかった。(油分摂りすぎ!!)

失敗はあんまり良くないことだけど、これで2度と同じ失敗はしないだろうから、むしろこれで良かったような気もする。
試験まであと3日。
[PR]
by rentheadsny | 2005-12-08 22:00 | mon gâteau
<< 長い一週間が、終わった。 寝ても覚めても・・・ >>