「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:gâteaux( 109 )

贅沢にマンゴープリン

デパートでお店の前を通るたびに気になっていたペニンシュラのマンゴープリン。
ついに買ってしまった!
f0007587_21533556.jpg
1,260円ていう値段はちょっと勇気がいる。
けど、その値段なりの特別な味がするのかどうか興味があって。

感想は、SATSUKIのスーパーショートケーキみたいなもので、美味しいは美味しいけど、期待を遥かに上回るというまでではないという感じ。気の利いた手土産にはちょうどいいかもね?
[PR]
by rentheadsny | 2012-11-28 22:14 | gâteaux

天然かき氷

f0007587_23334237.jpg暑い暑い毎日。
ひんやりおやつが食べたくなります。
日光の天然氷を使ったかき氷屋さんへ行ってみました。
豊島園のすぐそばにある、あんこ屋さん。

うわ~、と声を上げたくなるボリューミーなかき氷が出てきました。
『抹茶あんこ』
抹茶の苦味と底に敷かれた粒あんが絶品。

今まで、どちらかと言うとかき氷が好きでもなく、ましてやこんな大きなのを完食できるタイプではなかったのだけど、このふわっふわの氷は柔らかい冷たさで軽やかで、あっという間に平らげちゃった。
f0007587_2343424.jpg
こちらは、いちごマスカルポーネ。
かき氷にマスカルポーネとはなかなか珍しい。
いちごミルクの派生版って感じで濃厚でおいしかった☆

最近よく天然かき氷を見るんだけど、流行ってるの?
という私も虜になってしまった一人。
また食べに行きたいな。
[PR]
by rentheadsny | 2012-08-13 23:49 | gâteaux

SATSUKIスーパーシリーズ

SATSUKIのスーパーシリーズをいただきました!!
自分では買わないであろう値段なので、こんな機会がとっても嬉しい。

これが有名なスーパーショートケーキ☆
お値段1,575円
f0007587_17272075.jpg
まず感じるのは、メロンが瑞々しいこと。まあ、この値段のほとんどはマスクメロンなんでしょうな。生地は和三盆ときび砂糖だそうで、上品な甘さ。歯応えはほとんどなく、溶けるような生地。

もう一つは、スーパーオペラ。
f0007587_17311035.jpg
なんと美しい層とデコレーション。クラシックなオペラにはない白い層がある。バニラかな?上から下まで口に入れた時の味の一体感、美味しかったです。

自腹でまた買いに行くかといえば、Noですが・・・、話のネタに一度食べてみるのはいいかも?
[PR]
by rentheadsny | 2012-05-15 17:44 | gâteaux

バナナタルト

f0007587_15144495.jpgヨロイヅカのケーキをいただきました♪
思えばここのは4年ぶり。
その当時は帰国直後で濃い~味好みだったからか、あまり印象に残る味じゃなかったのだけど、久々に食べたヨロイヅカはおいしかった!!
このバナナタルト然り、見た目も味も良くて、もっともっと買いに出掛けたくなった☆
個人的にはピュイダムールがヒット。

ほっこりな時間をありがとう~
[PR]
by rentheadsny | 2012-01-18 15:26 | gâteaux

村上開新堂のクッキー

私の最近の大好物。村上開新堂のクッキーです。
京都の開新堂のクッキーをいただいて、その美味しさに感動し、また食べたい!東京のお店で買うか~、と思ったけど、東京では紹介がないと買えないという代物・・・。
知り合いを探したら幸運にも紹介してくださる方がいて、ようやくありつけたのです。

予約をしてから1ヵ月ほど。京都のと違うのかな?とワクワクして開けると、箱にぎっしり詰まった様子は同じ。味のバリエーションは違うけど、求めていたクッキーがそこにはありました。
f0007587_22231845.jpg
別に特段変わったことのないシンプルなクッキーに見えるけれど、バター香るリッチなクッキー的なものがどちらかというと主流の今にあって、パキっと割れて粉の味がするこちらのクッキーは逆にとっても新鮮。

小さめの箱に20種類以上も入っていて、どれもが素材の味が生きていて、一つ食べるとあれもこれもと手が止まらない。本当に止まらなくて困ってます。。
一番小さい箱と言えども相当の数が入っているのに、気付けば一人で半分近く食べてしまいました。

どれだけ食べても太らなければいいのに・・・。それにお値段がもうちょっと安くて(最初聞くとビックリします)、買いに行きやすいところにあれば、家に常備しておきたいクッキーであること間違いなし。

今度はお食事をしに伺いたいと思います♪
[PR]
by rentheadsny | 2011-08-05 22:39 | gâteaux

パネットーネ

先月のイタリア旅行はどこもかしこもクリスマス一色。
イルミネーションにイベントに食べ物に♪
イタリアのクリスマスのお菓子といえば、パネットーネ。
街中でたっくさん売られていたので、どうしても買いたくて、でも何しろ大きいサイズしかないので、選ぶ余裕もなく、最後の最後、空港で買ってきました。
f0007587_22103532.jpg
重さ1kgの巨大なお菓子。それゆえ、家に帰ってきてからも開けて食べ切る覚悟がなくて、年も明けた今の今までしまいっぱなしにしてました・・・。
ヨーロッパのクリスマスのお菓子といえば、イギリスのクリスマスプディング、ドイツのシュトレン、など、正直、美味しいというイメージがない。保存食みたいなものだから、砂糖と油脂ばかり、というか。だから進んで開けなかったのかも?
でもさすがにもう、と、食べてみました。
f0007587_2222971.jpg
期待度30%で口にしたパネットーネ、
予想を大いに裏切っておいしかった!!!!!
今までのパネットーネのイメージがガラッと変わりました。かなり衝撃の部類。昔食べた気がするパサパサのパネットーネは何かの幻だったのか?

しっとりして甘みもちょうどいい、かなりリッチなブリオッシュという感じ。
カロリー表示が100g=366kcalというのを見て注意しなきゃと思ったのも束の間、100gぐらいペロっといけてしまう。危険危険!

食べる前は、一口だけ味見して、あとは周りに配っちゃおなんて思っていたけど、もう食べて速攻、後日も楽しむべく、カットして冷凍庫へ入れました(笑)

パネットーネってイタリアだけでしか作ることができないお菓子なんだそうですね。
また次のクリスマス、おいしいパネットーネに出会えますように。
[PR]
by rentheadsny | 2011-01-17 22:30 | gâteaux

和菓子「まかろん」

「マカロン」ではない。「まかろん」。
f0007587_21514110.jpg
名古屋の和菓子屋さんが、あんこベースで作ったマカロンがあると知り、ずっと気なってたもの。中に抹茶クリームとあんこを詰めたマカロンは想像がつくけれど、生地にもあんこというのが興味をそそられた。

ふとデパ地下を覗いたら、それがあったのです☆
全国の名産品お取り寄せコーナーみたいなところに。 さすが三越(笑)

食べてみると、いわゆるマカロンとは全く別物。最初は和三盆を食べているような感触でした。これは完全に和菓子だわ。

これと同時にエルメのマカロンも食べていたのだけど、
う~ん、やっぱりマカロンはエルメに軍配。
「まかろん」は「マカロン」じゃなくて、最後まで和菓子なのでした。


しかし、この和菓子屋さん、とっても斬新なお店みたい。
名古屋に行ったら是非訪ねてみたいお店です。

■菓匠 花桔梗
愛知県名古屋市瑞穂区汐路町1-20
[PR]
by rentheadsny | 2010-08-03 22:00 | gâteaux

Wienからのザッハトルテ

ウィーンのお土産にザッハトルテをいただきました。
木箱入りで、とってもありがたい感じです。
f0007587_9884.jpg
ザッハトルテといえば、ホテルザッハーかデメルか、というところですが、いろんなお菓子屋さんで作られているんですよね。これはHeinerのもの。ハイナーは確か、私が前回ウィーンに行って最初に訪ねた皇室御用達のお菓子屋さんで、パリ以上の美しいケーキに「留学先間違えたか?!」と思ってしまったお店。
f0007587_9141013.jpg
このザッハトルテも上品なお味でおいしくいただきました。


何となくWikipediaでウィーンを調べていたら、面白い豆知識がいっぱい。
ウィーン市のいくつかの区は、台東区、葛飾区、荒川区などと友好都市関係にあるようです。東京の下町ばかりなぜ・・・?と思ったら、ウィーン前市長が男はつらいよに出演したりしていたそうで。
ウィーンと下町、どうしてもイメージが合致しません。。。

芸術と食と歴史の詰まったウィーンにまたゆっくり行ってみたいな。
[PR]
by rentheadsny | 2010-07-17 09:26 | gâteaux

アンリ・シャルパンティエ

銀座でお茶ということで、アンリ・シャルパンティエのSalon de Théへ。
ここはずっと行きたいと思っていたところ。建物の重厚さとインテリアがすごいと思う。
壁一面にレシピ本がずらり。買いたかったけど諦めたレシピもあったりして、一日中読んでていいって言われたら片っ端から読み漁るよ~。

メニューは、普通のケーキから皿盛りデセールまで、かなり種類があって迷ってしまう。。
せっかくなのでデセールをいただくことに。
私が選んだのはこちら。
f0007587_22382972.jpg
パッションフルーツのスフレにチョコだったかプラリネだったかのソース添え。そしてフランボワーズとパッションのムースだったかな。(この組み合わせ、よくコルドンに登場してたような気がする)
意外に覚えていないものです・・・。

お友達はマロン尽くし。季節を感じますね!
f0007587_22404088.jpg
こっちのマロンはどうだか忘れてしまったけれど、私のは、プロデューサー的存在のクリストフ・フェルデール氏によるものだそう。フェルデールさんはフランスでも結構レシピを出したりしている有名なシェフ。さすがに美味しかったし、フランスっぽさを感じました。

アンリってパリに工房を持って、フェルデールさんとコラボしているんだって。
パリにいた時に、この工房で働いてるパティシエさんと会う機会があったのだけど、雰囲気が疲れてた(笑)。フランスでいいものが作れても、環境が違うから日本で製品化するのが難しい、とか、いろいろご苦労があるようで・・・。
でも、以前、コレクションとしてテニスボールそっくりのケーキが出てた時はすごいと思った!彼らの苦労の賜物なのかしら、と思った覚えが。

今度また別のデセールを食べに行きたいな。
[PR]
by rentheadsny | 2009-12-09 22:55 | gâteaux

ブイエの新発想お菓子

リヨンのパティスリー、セバスチャン・ブイエ。
ここにはいろんな新しい発想があって、いつも新しい感動がある。

マカロンをチョコレートコーティングした“マカリヨン”。ありそうでなかった。すごい!と思った。その後、伊勢丹で向かいのAOKIさん、同じような“ショコロン”だったかな、そんなの出してましたねぇ。

で、先日伊勢丹に寄ってみたら、マカロンシリーズでまた不思議なものを発見。
タルトにマカロンが乗ってる?!
f0007587_23245422.jpg
思わず店員さんにあれやこれや質問攻め。アーモンドクリーム入りタルトにマカロン生地絞って焼いたものだと。
味はかなり美味しい。私は好きだな、こういうの。

左のボールみたいのは、しっとりしたパウンド生地の中心にconfitureが入ったもの。
形がなんともかわいい♪まあ、味は想像できる範囲のものでした。

買わなかったけど、マカロンラスクっていうのもあって、かなり気になった一品。
マカロンの生地だけの状態で、バターを塗って焼き上げたものだということ。
すごーく気になったので作ってみた☆
というか、家で作ったマカロンがやや失敗気味で、、、
いつもなら捨ててしまうんだけど、マカロンラスクを思い出し、私も溶かしバター塗って更にカリっと焼いてみたのでした。
かなりイケる!今まで失敗した生地を捨ててたのがなんともったいなかったんだろうと思い直したぐらい。

タルトタタンじゃないけど、失敗から新作ができることもホントにあるのかもしれない、なんて思いました。
[PR]
by rentheadsny | 2009-12-04 23:34 | gâteaux