カテゴリ:gâteaux( 109 )

感動的においしかった

久々に感動的に美味しいものに出会った。
こんなことを言うといやらしいけれど、お菓子に関してはこれまでいろんなものを見て食べてきたので、パティスリーに行ってもなんとなく味が想像できてしまったり、悲しいかな、食べても感動が小さくなってしまったりしている・・・。

そんな中、「おおー」っと思うものがあったのだ。
AOKIのChocolat-Orange(正確な商品名は違うはず)。
f0007587_12192557.jpg
またAOKI?!って突っ込まないでください。。。
AOKI狂とはいえ、このオレンジ、前から気になってたのだけど、高すぎて(1個340円ぐらい)買ったことがなかったのだ。
でも先日はお店の人にすごーく薦められたので、それならば、と。

これが今までのオランジェットを覆すおいしさ!
オレンジコンフィは砂糖の妙な甘さは控えめでみずみずしさが感じられる。香りもフレッシュ。それとchocolatの最高のコンビネーション。一口食べた時点で幸せでニヤリと微笑んでしまった。
f0007587_12424853.jpg
高いなりの価値は十分にあったと思う。
ちゃんとわかってくれる人にプレゼントしたい一品です。
[PR]
by rentheadsny | 2009-10-18 12:47 | gâteaux

Pain de Sucreのお菓子

思い出したように、5月に行ったPain de Sucreのケーキとパンのご紹介。
最近では必ずガイドブックや雑誌に載るお店となったPain de Sucre、2年ちょっと前(もうそんなに経つのか?!)にスタージュしてました。

今回のパリ旅行でも訪ねたわけですが、最初にまず変わっていたことは、開店時間が遅くなってた!パン屋的要素も兼ね備えていた(バゲットやクロワッサンが本当においしい)Pain de Sucreは朝8時にはオープンしていたのに、8時に行ったら閉まってるではないですか!
定休日が変わったかと思ったら10時からオープンらしく。
せっかく朝食のパンを買おうと思ってたのに・・・。
f0007587_11203890.jpg
パン屋的要素は薄くなったのかな?
以前はシェフやマダムが店頭に出ていたのに、今は販売専門の店員さんがいたりして。
変わったものです。

変わらないものもある。
こちらのスペシャリテ、Tarte au Citron
f0007587_1123572.jpg
何度か紹介してるけど、パリ一美味しいと言う友達もたくさんいる、いちおしのTarte au
Citronです。
タルト生地が薄くてパリパリ、クリームは酸味がちょうどよく効いてて甘ったるくないからぺろっと食べられる。シンプルで本当においしいタルトです。

スタージュしてる時は週に2回ぐらいはこのクリームを作っていて、帰国してからもたまに作ってるのだけど、本物ってどんな味だったっけ?と思って今回食べに行ったわけ。
やっぱり美味しかった。あまり甘いのが得意ではない友達も、これはおいしい!と。

そして、期待の裏切り方も変わってなかった(笑)
Pain de Sucreといえば奇妙な素材や組み合わせのケーキが多いことで有名?!
例えば、トマトだったり(これは最近では普通かな?)、コリアンドル(香りの独特なハーブの一種)、アンジェリック、ヤギのチーズ、トリュフetc・・・
普通ケーキには使わないだろうというものが入っていることが多々あるのだ。
ガニエール出身の、ある意味天才的なシェフらしくて私は好きなのだが、試食やつまみ食いで顔をしかめたことも結構ある。

この前行った時も、???という素材がいくつか。Pain de Sucre健在なり。
前置き長くなったけど、期待ハズレだったのがこのcake
f0007587_11354957.jpg
一見おいしそうなメープルのcake。新作だったので一緒に働いてた友達にお土産にしようと買ってみた。なんと20ユーロ(2700円ぐらい)。強気の値段設定だな。確かにずっしり重くて詰まってそうな感じ。

帰って、とりあえず一口食べようと切ってみた。
あれ・・・?
切るとボロボロ。
上はアンビベしすぎで水分過多、下は水分のあるレーズンが全部沈んでて切れない。
メープルシロップ多すぎてちょー甘い。
なんか懐かしい不思議な香り。⇒fleur d'orangerか?

あまりにPain de Sucreらしい展開に微笑ましささえ感じでしまった。
こんな失敗作もありだよね~、と。
友達にあげるのはやめました・・・。
家に置いといたら、これを食べた家族は、まさかパリのお土産だとは思っておらず、てっきり私の失敗作だと思い込んでたらしい。いやぁ、20ユーロも出してわざわざ空輸してきたんだよねぇ。。。

こんなことがあっても私はPain de Sucreのお菓子が大好き。
首をかしげるものがあったとしても、無難路線で行くよりも進化がある。
ガンバレ、Pain de Sucre!

■Pain de Sucre
14, rue Rambuteau 75003 Paris
http://www.patisseriepaindesucre.com/
10h-20h 火水休み
[PR]
by rentheadsny | 2009-07-20 11:49 | gâteaux

老舗のホットケーキ

おいしいホットケーキやパンケーキを食べたくなることってないですか?
たまに朝ごはんに食べたくなって、夜のうちに生地を作って、、なんてことをよくします。

この前、たまたま神田に用事があったので、いつか岸朝子が大絶賛していた万惣のホットケーキを食べてこようと思ったのでした。TVで見たんだけど、ふわっともちっとしてそうで、相当美味しそうだったんだな。

f0007587_074883.jpgオーダーすると黒蜜ベース(と言ってたはず)のシロップとバターが運ばれてきて、ほどなくしてメインのホットケーキが!期待はもうmaxです。
バターを乗せてシロップをたっぷりかける。
ドキドキの一口目。
ふむふむ、おいしい。
けど、普通???
シロップをかけすぎてしまったのか、シロップの海に浸ってしまってかなり甘かった><
あまりモチモチ感はなくて、ふんわりホットケーキでした。

今度自分好みのホットケーキを作ってみよう。
[PR]
by rentheadsny | 2009-04-01 00:21 | gâteaux

代官山&中目黒 食散歩

久々に食べ歩き in 中目黒&代官山。
まずは中目から。

f0007587_019880.jpgチーズケーキのヨハン。
確か、おじいちゃんたちが作ってる素朴なチーズケーキのお店。
と聞くと地味な感じを思い浮かべるけれど、お店は川沿いのセンスの良いとこでした。
一番ベーシックなものを。
丁寧なお味がしましたが、可もなく不可もなく、という印象。
チーズケーキってそういうもんですかね?

そこからほど近く、カカオエット・パリ
ここ、ずーっと来てみたかったの。
小さいけれどオシャレなお店で、ディスプレーやショーケースの華やかさでにテンションが上がります☆
f0007587_0254843.jpgイートインできるので、数あるケーキの中から、まずはミルフィ-ユ。
パイ生地がざっくざくしてるかと思って食べたら、結構ホロっと柔らかめだった。
私の好みど真ん中ではなかったけど、見た目がかわいくてよかった。












f0007587_0265976.jpgもう一つは形の凝ったコレ。
Chocolat au Laitとマロンのムースと、中にマンダリン(ただのオレンジ?)のジュレ、周りに付いてる丸いのがサクサククッキーで食感のアクセント。
これはチョコが強くてあまりマロンがわからなかったけれど、でもマンダリンの酸味と食感が良かった。



ここのカウンターにLivre d'Or (コメント帳みたいなもの)が置いてあってペラペラめくってたら、フランス語のメッセージを発見。
ここのシェフはフランス人だし、お友達かな~?なんて思って名前を見たら、
えぇ?これはミシャラクさんではないの?!?
f0007587_036482.jpg
こちらのシェフの師匠にあたるクリストフ・ミシャラク氏、パリでも有名なパティシエです。
今月来たようで。世界パティスリー関連で来日だったのかな?

大満足でお店を後にし、代官山までお散歩。去年できたというEATALYに寄ってみた。
すごーい。パリのBon Marcheっぽい雰囲気。
食の宝庫(イタリア限定だけど)だね。

f0007587_040411.jpgお腹も空いたので、外でピザいただきました。
生地がもっちもちでおいしかった♪
ここだけヨーロッパみたいな雰囲気。









カカオエットもEATALYも、また来てみたいshopになりました。
[PR]
by rentheadsny | 2009-03-24 00:49 | gâteaux

世界パティスリー2009

先週の話になるけれど、“世界パティスリー2009”見てきました。
何かと言うと、世界8ヶ国対抗のパティスリー選手権、ってとこかな。
フランスで言う、クープ・デュ・モンドみたいなもので、それに並ぶ大規模な大会になったらしい。
f0007587_10225352.jpg
開催されるのは知っていたけれど、チケットが予想外に高かったので(見るだけで15,000円!!)行く予定はなかったところ、お友達に関係者がいて何とチケットいただけました☆

ありがとう!!!

皿盛りデザート、アントルメ、ショコラ、ピエスモンテ、などなど、いろんな種類の作品を2日間にわたって3人で作り上げていく。すごい!
プチガトーなんかはとっても興味深くて、ケーキの構成ぐらいは全部説明してほしかったな。
f0007587_10282431.jpg
やはり突出していたのは、日本チームとフランスチーム。
フランスチームの3人は知った顔が揃ってました。
キャプテンはエコール・クリオロのSantos氏、元コルドンシェフのローランさん、今コルドンの先生をしているブルノーシェフ。こう考えると、コルドンのシェフたちってやっぱりスゴかったんだなーと思う。

この戦い、日本が優勝しました。
2位はフランス。
ピエスモンテでの得点が決め手になったようでした。
パティスリーの世界ってやっぱり芸術だな~としみじみ感じた瞬間。

お隣の会場ではSUITE SWEETS JAPANっていうイベントも開催されてました。
こちらはいろんな会社のプチExpoという感じ。
この前のFOODEXが頭にあるせいか、めっちゃ小規模。

その中でもひときわ長い行列ができていたのが、“フレデリック・ラロ”
知らないなぁ・・・と思って覗いてみたら、なんか見たことあるマークが。
あ!!!!!
これはパリで家の近所にあったパン屋、コルドンでは毎日食べていたあのMOFの
boulangerではないですか。
あのパン屋が遂に東京進出なのか?!
食べたかったけど、あまりにも大行列なので諦めました。。

日本の食ってほんとスゴイ。
[PR]
by rentheadsny | 2009-03-22 10:50 | gâteaux

エルメのマカロン

久々に激ウマmacaronに出会った~♪
それはPierre Herméのマカロン。

パリでも東京でもマカロンといえばエルメかラデュレか?
(個人的には、そこにAOKIとLa Maison du ChocolatとJ.P.Hévinが入るけど)
その片方のラデュレには先日大そうガッカリしたところだった。

帰国してからちょこちょこマカロンは食べているけれど、正直、これぞというものにはお目にかかっていない。これでエルメにも裏切られたらショック。
淡い期待を抱いて、通りがかったエルメで思わずマカロンを買ってみた。

むきょ。おいしそう☆
Roseと、コントラストが美しいChocolat-Framboiseを。
f0007587_23574584.jpg
一応ダイエット中なので、控えめに味見して、残りは明日、、と思ったのに、一口食べたら美味しくて止まらなくて、2個とも一気に食べちゃった。。。
Roseの香りもいいし、何より生地とクリームの一体感が絶妙。
さすがエルメさん。

期待通りだったマカロンが本当に久しぶりだったせいか、感動もひとしお。
今、かなりマカロン作りたいモードになってます。

伊勢丹の地下をぐるりと見て思ったのだけど、マカロンて高くなったよなー。
まだこれほどポピュラーじゃなかった数年前は、私の知る限り1個200円はしなかった。
記憶が正しければ、エルメでさえ150円ぐらいだった。
のに、今や相場は250円以上。

こんなご時世ですが、ブランドお菓子は高くても売れる。
[PR]
by rentheadsny | 2009-02-04 00:06 | gâteaux

ついに銀座のラデュレへ・・・

銀座にできてもう数ヶ月が経とうとしているのに、今日やっとラデュレでお茶することとなりました。今まで何度となく足を運んでいるのに、ブティックでさえ並ばないと買えず、今になってしまったわけ。
f0007587_23464246.jpg
パリでLADUREEでお茶、と言えば、とっても贅沢な時間。
ケーキとcafeで12ユーロ(1600円)ぐらい?
待つは、サービスは良くないわ、なのに、たっかいな~と思ってた。

けど、銀座はもっと高かった!!

メニュー見て笑った。サントノーレが1000円近いとは?!
飲み物も同じぐらいするので、まぁざっと2000円コース。
(値段の話ばっかで恐縮ですが・・・)

パリ友はSt.-Honoreのroseを、私はPain Perdu(フレンチトースト)を。
f0007587_23561869.jpg
このSt.-Honoreは私も大好き。
しかし、2人口を揃えて出てきたのは、ケーキが全部小さい!
パリはこの1.3倍ぐらいはあった。だからこその驚きというか価値があったのに。
味はこんなもんだった、かなー??

こちらはお初のPain Perdu。
パリにいた時、友達がものすごく勧めていたので気になってたもの。
f0007587_012269.jpg
これがその友達の言うものと同じ味かどうかはパリで確認しないとわからないけど、これは激甘だった。甘さはフランス直輸入。
でも感動的においしいPain Perduじゃなかったな。

ついでに、LADUREEの顔とも言うべきマカロンをこの前お土産でいただきました。
期待して食べてみたけれど、パリで食べた味とは全然違った。
生地が固い。中のクリームとの一体感はなく、表面はざっくりしていて、中はねっとり。
家に持って帰るまでに壊れてしまうあのマカロンとは違って、これならモナコからの空輸でもビクともしなそうな頑丈マカロン。(しかし、なぜモナコ製???)

銀座LADUREEが美味しいし好きだという方もたくさんいると思いますが、私個人的には、高すぎるし、美味しくないし、かなりガッカリ度が高かった。。
場所が変われば全く同じものが作れないことは当然。
しかし、このLADUREEはこれでいいのか?!と突っ込みたくなりました。
私はもうリピートしないな・・・
[PR]
by rentheadsny | 2009-01-13 00:21 | gâteaux

栗のケーキが食べたいの

最近AOKIのお菓子を食べていないなと思っていたら、思いがけずAOKIのマロングラッセをいただきました!!

マロングラッセってただでさえ高級品だけど、AOKIだと尚更・・。「ちょっと食べようか」と買える値段じゃない。贈り主は私がAOKI狂だということを知らなかったらしいので、偶然の嬉しい出来事でありました。

何を食べるよりも神経を集中させていただきましたが、うむ、普通に美味しい。
っていうか、感動して涙出るほどのマロングラッセっていうのもあるのかどうか??
これがイタリアの最高級栗の味だとインプットしておくことにするわ。
何はともあれ、贈り主さまには心からの感謝☆
f0007587_2373869.jpg
それで思い出した。
私はAOKIの栗を使ったケーキでものすごく食べたいものがあるんだったということ。
確か“マロニエ”って名前で、マカロンにサンドされて栗とチョコクリームが入っているようなやつ。

なんと、かれこれ3年間想い続けているマロニエ。
なぜか出会えないのだ・・・。
パリへ行く前、丸の内店でチャンスを逃し、その冬パリでは「昨日で終わりました」と悲しい宣告。
翌冬はスタージュですっかりマロニエどころではなく。


そして今シーズン。
絶対マロニエ!と思って乗り込んだら、「あー、今日はないですねぇ・・・。」と店員さん。
どうして?!?!何でいつも食べられないの???
ここまでくると近いうちに予約してでも食べないと気が済まぬ。

マロニエに振られたその日は何も買わずにはいられず、これまた栗のお菓子で気になっていたCake Marron Cassisを。
f0007587_23184885.jpg
これ、とっても美味しそうなんだけど(マロングラッセも乗ってるし♪)、とってもお高い。
16cmサイズで3300円也。AOKIだとさして高いような気もしないけど、やっぱ高いよね?
でも美味しいに違いないので、後で味わっていただこうと思ってます。

cakeを抱え、ほんのり幸せ気分で仲通りを歩く。
イルミネーションがキラキラきれいでした☆
[PR]
by rentheadsny | 2008-12-17 23:25 | gâteaux

Riz au Lait(リ・オ・レ)が好きな人~?

日本では見かけないけど、フランスでは定番デザートのRiz au Lait(リ・オ・レ)。
牛乳で甘く煮たお米のデザートです。

私はこれが大好物☆ 見てみたらちょうど1年前に作ってました。(「甘いお米」どうぞ)
もう忘れただろうと思って、こっそり家族にまた出してみたら・・・
やっぱり「美味しくない」って拒否られた。
なぜだーーーー?

今回のリ・オ・レは、ベーシックなバニラの味付けに多めの生クリームを混ぜて、パッションのピュレをかけたもの。ふわっと優しい口当たりに酸味のパンチで、自分的にはかなりイケてたのに。世代の差か?
お米じゃないと思えば食べられる、って言われたけど、それじゃ全然意味がないのよ。

私の嗜好が日本人としておかしいのかどうか、みなさん、リ・オ・レが好きか嫌いか、食べたいか食べたくないかコメントください!
[PR]
by rentheadsny | 2008-09-26 00:36 | gâteaux

たまプラ周辺ケーキ屋巡り♪

横浜の友人宅へ遊びに行くことになったので、普段は遠くて足を運べないその近辺のパティスリー巡りをしてきました。
回りきれないほどいろいろあって、お菓子好きにはたまらないエリアでした!

まずは、たまプラからスタート。
●DEFFERT●(デフェール)
f0007587_952218.jpgいきなりテンションあがります☆
このエクレアはじめ、クラシックな焼き菓子も多くてフランスっぽさが漂います。エクレアが美味しいとか不味いとか噂があったので、エクレア好きの私はその場で歩き食い。
結構おいしい。皮はしっかりクリスピーさが残っていて、クリームもトロッと濃厚。日本で食べたエクレアの中ではなかなかいいのでは?
f0007587_9564550.jpg

生ケーキは迷った末にこちら2つ。
手前がはちみつとキャラメルのムース。
奥がモンブラン。
はちみつの風味がしっかり生きている。
甘さとコクのバランスが良く、この日買ったケーキの中ではDEFFERTが一番だという結論になりました。








f0007587_100116.jpg私がフランスの地方でも大好きな部類に入るバスクのお菓子、Gateau Basqueもありました。これはコンフィチュールではなくカスタードが入っているタイプ。カヌレのようなラムの効いた濃厚カスタードがおいしかった。◎





●Un Petit Paquet●(アン・プチ・パケ)
以前、フィナンシェがとびきりおいしいと頂いたことがあって、気になっていたお店。
ノワゼットプラリネにフランボワーズの入ったルーローと、チーズケーキ系の。
f0007587_1043669.jpgf0007587_1045043.jpg










がーん、期待ハズレ・・・。案内してくれた友人も言っていたのだけど、無駄に甘い感じ。
私の舌が完全に日本人に戻ったのか?パリの時はこのくらいへっちゃらだったのか??
甘さばかりが印象に残る味でした。。。
でもフィナンシェはとーっても美味しかったです!

●ベッカライ徳多朗●
次はパン屋さん。
この2,3日前に偶然パン好きの知人から「神奈川においっしいパン屋さんがあるんだって」と教えてもらったところ。でもここ、有名なお店だったんですねー。
素朴で小さなお店には行列ができていて、焼き立てのパンが次から次へと売れていく。
豆のカレーパン、くるみパン、かぼちゃを練りこんだロールパンを買いました。
本当は目玉商品のミルククリームパン(だったかな?)が欲しかったけど、あっという間に売り切れてしまうらしい。
中でもロールパンがすっごくおいしかった☆夜帰ってきて気になって一口食べたら、お腹いっぱいにもかかわらず、止まらなくなって一つ平らげてしまったぐらい。

●ベルグの4月●
次は車に乗せていただいて向かいました。
f0007587_10164388.jpg桃のタルト。黄金桃とか書いてあったかな?
キルフェボン並のフルーツに目が奪われて買ってしまいました。季節の限られるこの桃、おいしかったです。(農家のお力ですが・・・)

写真には残さなかったけれど、アーモンドクリームと栗の渋皮煮がまるごと入ったマロンパイ。これはかなりイケてました。3日後ぐらいに食べたのに、パイ生地はサクサク感が残っていて、中のバランスもバッチリ。季節限定なのでお早めに。


●ノインシュプラーデン●
f0007587_10265787.jpg全く存じ上げないお店でしたが、友人が以前からおすすめしていたオーストリア菓子のお店。ウィーンのお菓子屋さんっぽい重厚な雰囲気。入った途端に漂うバターの香りにヤラれる。
やっぱり定番のザッハトルテ。そしてウィーン風チーズケーキを買ってみました。(写真上と下)

噂によると、ザッハトルテよりザッハカステラ(え?名前違う??!)がオリジナルで有名とか?ザッハトルテがパウンドケーキ状になったみたいな感じでした。

ノインシュプラーデンweb



●Neues●(ノイエス)
こちらもオーストリア菓子のお店。奥にレストランも併設されていて、ノインシュプラーデンよりも更に重厚さが増します。
f0007587_10334029.jpgパンも充実していて、ブレッツェルとチーズ入りの食パンを買いました。どちらもなかなか。
ケーキは上の写真の真ん中、シュトゥルーデル生地の中にチーズとレーズンが入っていて、アプリコットソースをかけて食べるもの。初めての味でした。
ノイエスweb



これだけ巡って、生ケーキは友人宅で全部いただきました☆
順位を付けるとすれば、DEFFERTが一番だったかな?
焼き菓子やパンはお持ち帰りしたのだけど、あまりに買い込みすぎて、両手に大きな袋2つ(中身は全部食べ物♪)っていう大荷物になっちゃいました。
こんなに甘い物尽くしなのは久々だったので、あの日以来、ちょっとお腹が甘い物を欲しなくなってきたのは確か。。。妙に納豆ご飯が食べたくなったりしている。
それでもやっぱり楽しかった!
お連れいただいたEさんとお母さま、改めてありがとうございましたっ。
[PR]
by rentheadsny | 2008-09-21 10:49 | gâteaux