カテゴリ:gâteaux( 109 )

下町の大人気どら焼き

私の専門はフランス菓子ですが、もちろん和菓子もだ~い好き。
日本橋エリアで働く知人がこよなく愛するというどら焼きを本日いただきました!
f0007587_22413461.jpg
人形町(住所は小舟町)にある“清寿軒”という老舗のもの。
結構有名らしいけど、和菓子には疎い私、全く存じ上げませんでした。
あまりにこの知人が勧めるので、買ってきていただいたわけ。

箱を開けて一目で、普通のどら焼きと違うなって思った。
ふわふわのパンケーキみたいなの!あんこは甘さ控えめ。
だから、かなり大きいこのどら焼きでも、ぺろりと食べられちゃうのだ。
これは確かに勧めるだけのことはある。

焼き立て作りたてのどら焼きがまた絶品だという。
お店まで行かなきゃ~!でも行ったところで焼き立てに巡り合えるとは限らないし。
幻の焼き立てどら焼き?!

話によると、午前中で売り切れちゃうとか。スゴイ。
出来立てふわふわの状態もいいけれど、2,3日置くとしっとりしてくるらしい。
嬉しいことにあと1個手元にあるので、寝かせてから食べてみよう♪

人形町ってホント、美食天国だわ~
[PR]
by rentheadsny | 2008-09-19 22:54 | gâteaux

これはかりんとうなのか?!

アンテナの鋭い友人に教えてもらった“かりんとう”。
東京駅のグランスタで行列をなしている驚異のかりんとう専門店「日本橋錦豊琳」のもの。

その時いただいたのが「きんぴらごぼう」味。
今までのかりんとうっていうと、黒糖の甘~い衣のかかった昔ながらのおやつ、ってイメージだったけれど、それを完全に覆すおいしさだったのです。

f0007587_2333028.jpg以来、グランスタを通る度に買うチャンスを狙っていたものの、常に大行列で入手できず。
が、夏のある土曜日、待ち時間0分、と書かれているではないか!すかさず数人の後ろに並んで念願のかりんとう、買うことができました。

左上は七味唐辛子味。おつまみにいいかなと思ったけれど、これが結構辛い!眠気覚ましには最適な感じ。
甘いのと塩味とどっちがいいかと言えば、私はノーマルに甘いかりんとうの方が美味しかったかな。

まだまだ簡単には手に入る状況じゃないみたいだけど、もし東京駅を通ることがあれば、一度寄ってみる価値はあるんじゃないかな?かりんとうの概念が変わること間違いなし!
[PR]
by rentheadsny | 2008-09-17 23:47 | gâteaux

青木先生っ!

パリで通い詰めていた我が大師匠、青木先生(Sadaharu AOKI)の講習会in東京へ行ってきました。講習会でお会いするのは1年ちょっとぶり。
全然変わってませんね、弾丸トーク(笑)
やっぱりトークショーに来たみたい♪

f0007587_031447.jpgこの日のお題は、Cake au Citron, Tarte au Chocolat,
Sable Chocolatの3種類。
どれもシンプルだけど、だからこそ奥深いお菓子たち。トークショー状態だけど、ポイントは誰よりもきっちり教えてくれるので本当にお勉強になります。




Cakeはなかなか思うように作れないし、これぞ、という味に出会うのも難しい。このCake au Citronはふんわりしっとりしていて、やっぱりAOKIは美味しいと思うのだった。

試食もたくさんいただいて、食べ過ぎなぐらいがまた嬉しい。
アシスタントをしていたパティシエさん、青木さんに終始ネタにされている楽しい方でしたが、終わった後にいろいろと質問したところ、丁寧に丁寧に回答してくださって、これまた感動☆Cakeについてのいろんな疑問が結構すっきりしました。

こうして日々勉強しないとダメですねー。新たな知識の刺激があると、またお菓子を作ろうという意欲が湧いて来る。おいしいレモンが手に入ったらCake au Citronを作ろう!
f0007587_0413228.jpg

[PR]
by rentheadsny | 2008-09-17 00:42 | gâteaux

ケーキについて。ちょっと悩み。

パリにいた時はしょっちゅうお菓子屋さんでケーキを買っては食べていたのだけど、最近めっきり買わなくなってしまった。
自分で作るのを食べるので精一杯になってしまっているから?
いや、そうではないみたい。

f0007587_10381530.jpg












この前、デパ地下をふらふらしていたので何かケーキを買って帰ろうと、いろんなケーキ屋さんを覗いてみたのだけど、全然そそられるものがない。去年食べて感動した
Origines Cacaoも、素晴らしく美味しいんだろうけど何となく味の想像が付いてしまって買うには至らず。

で、隣にあった自然派っぽいお店でタルトを買ってみた。
う~ん、、、普通。っていうか、このタルトだったら私が作った方がおいしいかも・・・。
久々にケーキ買ったっていうのにショックな事態。

f0007587_10371964.jpg夏バテ食欲減退なのか?いやいや、これは確実に感動が薄れてしまっているんだと思う。舌が肥えたといえば良いことかもしれないけど、なんか寂しい。これ、レストランに行っても感じる事実。

それでも食べたいと思うパティスリーのケーキっていうのは自分にとって特別なものに違いない。Sadaharu AOKI、Pierre Hermé、Jean-Paul Hevinあたりは永遠である☆
パリに行けば当然Pain de Sucreは外せない!






私をよくご存知のみなさん、「結局アオキ?!!」と突っ込まないでください。。。
やっぱり好きなんです。(最近タイミングが悪くて買ってないけど)
甘い物好きに感動を与え続けるって難しいことなんだと身を持って実感。
いろいろ考えながらお菓子作りに邁進していきたいと思うこの頃。
f0007587_10455357.jpg

[PR]
by rentheadsny | 2008-08-30 10:53 | gâteaux

キャラメルケーキの最高峰

お友達からずっと薦められていたcakeがあった。
マンダリンのキャラメルケーキ。
「ちょーーーー、おいしいから!!」って言われて、かれこれ1年以上経つだろうか?

先日ちょうど近くまで行ったので、念願のキャラメルケーキを買ったわけ。
f0007587_23593671.jpg
ここのboutiqueはかなり良い感じ♪広くて落ち着いている。
チョココーティングしたマカロンとかすごい美味しそうだったんだけど、高かったなー!

私はcakeに一目散。キャラメルケーキは意外にも1600円とリーズナブル。
期待と不安で封を切ると、溢れ出すキャラメルの香り☆
手がベトベトするほど、そして口の中でジュワっとするほどジューシーな生地。
食べた瞬間、その幸せに思わず顔がにやけてしまう。
家族で、と丸々1本買ったけれど、今は全部一人で食べるつもりでいる。。。
f0007587_052093.jpg
ここまで感動のお菓子に出会ったことってあまりない。
厨房のドアを叩いてこのキャラメルケーキの作り方を教わりたいと心底思う。

お菓子は間違いなく人を幸せにする。

MANDARIN ORIENTAL GOURMET SHOP
11h-20h
http://www.mandarinoriental.co.jp/hotel/592000327.asp
[PR]
by rentheadsny | 2008-04-18 00:16 | gâteaux

おいしいタルトタタンは?

誰か、おいしいTarte Tatin知りませんか~??

Tarte Tatin(タルト・タタン)とはフランスでお馴染みのりんごのケーキ。
有名な話ですが、由来を簡単に。
昔、ホテルを経営していたタタン姉妹が慌ててりんごのデザートを作った時の失敗から生まれたものと言われている。忘れた生地を後からりんごに乗せたとか、タルトをひっくり返してしまったとか諸説あるみたいだけど、つまりはキャラメリゼしたりんごの上にタルト生地を乗せて、ひっくり返してサーヴするもの。
f0007587_2148115.jpg
忘れもしないパリ初日のホームステイ先の夕食デザートは正真正銘ホームメードのTatinだった。それでもわかるように、パティスリーで買うよりも家で作るお菓子って雰囲気が漂ってるせいか、あんまりお店で見かけたことがなくて(季節限定だし、私が見てなかっただけかも?)、正直、どの味が本当のTatinなのかよくわかっていない・・・。

自分でも作ってみようとしたことはあるけれど、本物を知らないもんだから全然うまくいかない。そもそも日本のりんごはお菓子には向かない。よく言う紅玉ぐらい?でもね、紅玉ってなんであんなに高いの?!

りんごの季節もそろそろ終わりですが、誰か日本で“これぞ!”というTarte Tatin知りませんか~?先月パリで言葉を失うぐらいのTatinを食べてきたという知人が、日本での絶品
Tatinを教えてくれと言うのです。
そこまで言われるとパティシエ根性がうずくもんで。
「私のはいかが?」って言えれば一番いいんだけど。。。
[PR]
by rentheadsny | 2008-03-25 21:58 | gâteaux

最後にPierre Herméを食す

去年の12月、パリを飛び立つ前の空港での、バカンス最後の晩餐です。
Pierre Hermé!!!
f0007587_23165439.jpg
ちょうど12月までエルメでスタージュをしていた友人が勧めてくれたケーキ。
なぜって、私の大好きなRiz au Laitが入っているから☆
Feuilletageにドライフルーツ、ホワイトチョコの板の間にRiz au Laitの層とホワイトチョコクリームの層。エルメのRiz au Laitはどんなもんだろうかと期待に胸ふくらませ、空港まで大事に抱えて行ったわけです。

ところが、ちょっと期待しすぎたせいか、結構普通な感じ。ホワイトチョコの味とドライフルーツがすごく主張してて、当然お米はトロトロに煮てあるのであんまりわからなかった。
っていうか、食べにくくてね、コレ。ミルフィーユが食べにくいみたいなもんです。

私の口には合わなかったものの、今になってよくよく考えてみると、Riz au Laitをこういう形でpetits gâteauxに仕上げるっていうのはエルメのスゴさを感じるところです。

それと一緒に食べたのがクロワッサン!
f0007587_23293498.jpg
FIGAROのクロワッサンランキングでトップを争うだけの実力。
多少時間が経っても(しかもこの日は雨っぽかった)、ちゃんとパリパリ感が残っていて、中はしっとりとしている。これぞ最後の晩餐にふさわしいフランス思い出の味?!

ついでにもう1軒おすすめのクロワッサンを挙げると、私がスタージュしていたPAIN DE
SUCREは何気に実力派だと思います。働いていたからこそ味わえる焼き立てだったっていうのもあるけれど、私の記憶の中では、このエルメにも負けない味。

あぁ、美味しいクロワッサンが食べたいなー。
[PR]
by rentheadsny | 2008-03-02 23:43 | gâteaux

ペニンシュラのケーキ

外資系ホテルが勢いづいていますが、中でも気になっていたのがペニンシュラ。
先日、プレゼントを探しに行ったら、やっぱり自分で食べる分も欲しくなってしまって、雑誌にも出ていたレミントンを買ってみました。

f0007587_0293841.jpgジェノワーズにシロップ染み込ませてココナッツをまぶしたオーストラリアでポピュラーなお菓子だそう。
ペニンシュラでオーストラリアのお菓子?!
しかも、すごい高い。このシンプルで小さいケーキが400円とはさすがです。




f0007587_032366.jpgちなみに中はこんな風。想像したままの味です。まずくはないけど、ビックリするほど美味しいわけでもない。繰り返しになりますけど、、これが200円だったら買うな・・・。

この後もペニンシュラづいていて、ケーキのおすそ分けをいただいたり(皆、総じて「甘い」との評)、バゲットをいただく機会があったり(個人的には日本で食べた中で一番フランスっぽかったかも!!)、家族のバースデーケーキにも食べました。
f0007587_0361893.jpg
いわゆるForet Noire。なかなか美味しかったです。
私としてはこれからペニンシュラのパンに注目したいところ。
[PR]
by rentheadsny | 2008-02-05 00:34 | gâteaux

ジャン・ポール・エヴァン氏のヒザに乗る

伊勢丹でやっているSalon du Chocolatへ行って来ました。
おととし行ったPairsのSalon du Chocolatも相当な人出だったけれど、東京のも気持ち悪くなるぐらいの人でごった返してました。

一言で言えば、有名なお店ばっかりのチョコレート催事。
ぶっちゃけ、私はチョコレートにあまり興味がないのですが、、、チョコ好きだったらたくさん買い込むこと間違いなし?!
だって、本当に品揃え(店揃え?)が良いのだ。フランスの地方にあるパティスリーとか、リュクセンブルクの有名店とか、パリにいたってそうそう食べられないチョコが新宿で買えるんだから。日本てホントにすごい。

チョコレート一粒に300円とか400円とか払う気持ちがわからない私は、結局何も買わずに出てきてしまった。。。ここに行ったのも、たまたま新宿で約束があったからっていう偶然。しかーし、行って良かった!!有名シェフが勢ぞろいだったから!!!
普通にブースに本人がいるなんて知らなかった。
チャンスのあった方々と写真を撮ってもらいました☆

最初にLe Rouxさん。
優しそうなおじいちゃん。でもちょっと神経質そう。
私の名前をハートつきでサインしてくれたお茶目な方でした。

次にドゥバイヨルさん。
MOFのコックコート着てなかったらただのおじいちゃんかと思って通り過ぎてたかも。
ベルギーの人かと思ったら、フランス人だったのね。
私はここのマカロンみたいなやつが好き。

そしてジャン・ポール・エヴァン氏。彼に会えたのは感動だった!
私はここのチョコもマカロンもケーキもどれも大好き。キャラメルも激ウマだった。
パリのSalon du Chocolatでは、結構狙ってエヴァン氏の講演に行ったのに、本人は急に来られなくなってお目にかかれなかったのだ。
そんなエヴァン氏が普通に私服で座ってたからビックリしたー。

写真をお願いすると、ポンポンとひざ叩いて私に座れと・・・。
え?!?!イヤじゃないけど、どうなのよ?おこちゃまじゃないんだし。
ということで、めっちゃ仲良し写真が撮れました♡

そんな話を友人Mにしたところ、「えー、J.P. エヴァンって生きてるの~?!?」って。
彼女の中でもすごく有名だったから昔の偉人だと思ってたらしい。
いやぁ、ちょっと面白かった(笑)

フェルベールさんはランチタイムで出てしまうというので、写真やサインはもらえず。
Bouillet氏もいたけど、前会ったので横目で眺めました。
青木さんもいて。出店してるなんて知らなかった。
帰国後も青木さんに会うの3度目。どれもこれも偶然なんだけど、軽い追っかけだと思われてるんだろうな。。。っていうか、追っかけか、私??

写真&サイン大会として、すごく楽しいイベントでした♪
[PR]
by rentheadsny | 2008-01-27 22:44 | gâteaux

Galette des Rois 栗

ガレット・デ・ロワ大好き!去年はやたら食べまくっていたけど、今年は気づけば年始に作っただけ。買ってもいなかった。

1月中に食べないと店頭から消えてしまうので、急いでカイザーに行って来ました。
COREDO日本橋に入っているカイザーには、パイ生地のガレットと、南仏風のブリオッシュのガレットが置いてある。
ブリオッシュのは、Pain de Sucreでも作っていて、私がデコレーション担当だったのです。ドーナツ型のブリオッシュにいろんなドライフルーツを並べる。色のバランスが難しかった。これはさながら、クリスマスリースに色の小物を置いていく作業のよう。
カイザーのはそれに比べると、ずいぶん小さくてシンプルだったけど。
というか、私が選んだのはそっちじゃなくてパイ生地の方。
f0007587_22414523.jpg
マロンのGalette des Rois。
期待はしていたけど、これは期待以上においしかった!
たぶんカスタードを入れたアーモンドクリームに栗がごろごろと入っている。
f0007587_22463093.jpg
生地もしっかり焼けていて、ホロホロと崩れる感じがよい。
フランスでも思った、「ガレットはパン屋の方が美味しい。」
これが日本でも当てはまるかもしれない。
(私の好みだけど)



しかし、一つイヤなのが、日本では大抵(っていうか、もしかして100%?)フェーヴは別に入っている。最初から中に入っていると、間違って食べてしまう危険性があるからなのか、それとも食品衛生上なのか?カイザーでくれた紙にも、食べる前に入れてください、って書いてある。裏に穴開けて入れるってのかい?なんか、壊れちゃいそう。

ところで、ここのカイザーは今一番私のお気に入りboulangerie。
焼き立てが置いてあるので、買って残念な思いをすることがない。
baguetteも結構フランスの味と食感に近いと思う。

こういうboulangerieにいる時間が、地味に幸せ感じる瞬間です♪
[PR]
by rentheadsny | 2008-01-22 22:59 | gâteaux