カテゴリ:voyage( 122 )

癒しスポット

とある1日はスパへ。ベトナムにはスパやマッサージがいっぱい。
その中から、ちょっとラグジュアリーな“ラポティケア”というスパへ行って来ました。
スパの名前がフランス語ですが、こちらのトリートメントはフランス製のものを使用しているそうです。フランスに店舗があるわけではないですが。
f0007587_11395651.jpg
クラシックカーでホテルまでお迎えに来てくれて、着いたのはホーチミンの喧騒からはかけ離れた、緑に囲まれた白い洋館。これだけで疲れが抜けていくよう。

ボディー、フェイシャル、フット、と、全身トリートメントをなんと3時間もたっぷりとしてもらいました。気持ちよかった~。

そして、トリートメント終了後にはプールのあるガーデンでのお食事。
f0007587_11504779.jpgf0007587_11505696.jpg
















左が前菜:ポークと春雨のライスペーパー包み、右がメイン:シュリンプロール
具が違うだけでほとんど同じようですが、、、もっちもちの皮が大好きなのでとっても美味しくいただきました。一緒に頼んだリンゴジュースはまさしく絞り立てで。

デザートはベトナム定番プリン。
f0007587_11555738.jpg
ちょっとカフェ風味。濃厚で舌触りもよく、大満足のデザートでした。

こんな贅沢な4時間メニューが100ドル程度で受けられるのです。日本だったら3倍ぐらいの値段かしら。心も体も癒されました~。

中心街に戻ってからはバーで一休み。
f0007587_1231280.jpg
サイゴン川のほとりに立つ老舗ホテルの最上階は、眼下の喧騒から離れた風の気持ちいいゆったり空間。
エネルギー補充のできた1日でした。
[PR]
by rentheadsny | 2010-05-08 12:11 | voyage

ベトナムの市場

市場とかスーパーって旅行に行くととっても楽しいスポット。
中心街にあるベンタン市場をぶらぶらしてみました。

ベトナムはとにかく人が多い!っていうのが歩いてみての印象ですが、市場はそれにも増して、一言で言えば「混沌」って感じ。人と物が溢れ返っている。
どうやって店じまいするんだろうかと不思議に思うほど、人が通れないぐらいぎゅうぎゅうに物が積まれていたりする。
f0007587_1057495.jpg
そんな中、私の興味をひいたのはやはり食べ物。
日本でもフランスでも見かけないものがたっくさん!
果物屋さんはきれいに積まれて整然としている。しかしどこのお店もドリアンの香りでいっぱいで、やや微妙なエリアです・・・。
f0007587_1105782.jpg
こちらはベトナム料理には欠かせない香草がたくさんのお店。
みなさん、パクチーお好き?私は初めて食べた10年前は、どうにも受け付けなかったけど、いつの間にか大好きハーブになってました。ベトナムはパクチー嫌いだとキツイかも。

フォーには必ずモヤシとパクチー(日本のとは形が違う)とスィートバジルがセットになっているよう。よく見かけたそれら以外にもたっくさん香草があるみたいで、いろいろ試してみたかったな。

そして魚介。圧巻でした。
どれも活きがよろしいようで。たらいから逃げ出す魚、羽交い絞めにされた蟹、網の中でうごめく蛙、その蛙をさばくオバチャン・・・。
市場に来ると食欲が増すもんですが、食欲がなくなった市場は初めてでした。。。
これが食の宝庫なのか。
f0007587_11105941.jpg
そして、びっくりな鳥たち。彼らもちろん生きてます。
f0007587_1113224.jpg
これから売られて食べられてしまう(食用よね?)というのに、オバチャンの前でお昼寝するがごとくおとなしく並んでいて。これを見た瞬間、ドナドナの曲が頭に流れ始めたのでした。

おいしいベトナム料理はここからくるんですね。
ただただ圧倒された市場でした。
[PR]
by rentheadsny | 2010-05-08 11:18 | voyage

ベトナムでフォー三昧

GWにベトナムへ行ってきました。おいしいごはんに期待したのが一番の理由。
夜に到着後、早々にフォーを食べに出かけました。

"フォー2000"ってお店。
f0007587_23502491.jpg
日本で言えば、申し訳ないけど・・・、きたない食堂、って感じですが、クリントン大統領も来たというお店らしいです。来る途中にあった道端の屋台よりは清潔そうなので、ベトナムデビュー的にはまず良しってとこかしら?
f0007587_2354984.jpg
まずは基本のフォー・ボー(牛)とフォー・ガー(鶏)を。
ちょーあっさりスープにお米の麺。飛行機でやや疲れ気味の体でもさらっと食べられる。
フォー万歳!
そしてサイドディッシュに揚春巻。こちらもアツアツサクサクでほんとおいしい。
f0007587_23594541.jpg
こんなお店なのに(失礼・・)、オーダー後そっこー出てくるし、美味しいし、しかも、飲み物まで合わせて2人でせいぜい600円程度のお会計。
ベトナムってすごすぎる。

こんな幕開けの旅は結局毎日フォーでした。
とりあえず朝食ビュッフェにもフォーがあるんだから。
f0007587_0121283.jpg
お肉、魚介、と、毎日具材が変わるのが楽しい。

ホテルのそばにあったのは、貝のフォーをスペシャリテにするお店。
f0007587_081024.jpg
更にスープがあっさりしているようで夢中で食べちゃった。

こんなに毎日食べても食べ飽きない料理って旅先では初めてかも。ベトナム料理は日本人の口に合うみたい。
帰国した日の夜、小腹が空いて、家にあった無印のインスタントフォーを食べてみた。
あぁ、全然違った。かなりガッカリ。
日本でおいしいフォー屋さんを探しに行きますか。
[PR]
by rentheadsny | 2010-05-07 00:18 | voyage

芋祭り in川越

お芋の里、風情のある町並み。そんなイメージがあって行ってみたかった川越へ、雨の週末に行ってきました。
f0007587_2223311.jpg
京都や高山など、古い町並みが大好きなので、川越のこんな感じも一気にテンション上がったー。「小江戸」というだけあって、時代劇で見る江戸の町を思い起こさせてくれました。
f0007587_22422620.jpg
店先でよく見かけた"COEDOビール"。川越のビールだったのかぁ。
"COEDO"=「小江戸」だったなんて!
私はてっきり"COREDO日本橋"の仲間かと思ってた・・・。
f0007587_22455464.jpg
川越の目的は町並みもあるけど、私としてはお芋!!
1人芋祭り状態でした。ガイドブックのお芋のお菓子ページを暗記するほど眺め、どうやって制覇しようかとプランニング。

お芋以外にも美味しい名物がたくさんあって、ランチはうなぎにしたのだけど、それも後のお菓子のことを考えて控えめに。ちなみにうな重のごはんがお芋ごはんでした。




肝心の芋祭りはというと ⇒ 芋餡たいやき、芋まんじゅう、芋せんべい、芋けんぴ、芋かりんとう、芋+あんこのおまんじゅう、芋おにぎり、芋どらやきetc・・・
芋好きにはたまらないラインナップとなっておりました☆一度にはとても食べ切れない!
f0007587_2313677.jpg
そして川越には「菓子屋横丁」なんてステキなエリアがございました☆
駄菓子屋さんや飴玉屋さん、お団子屋さん、鯛焼き屋さん、ベーカリーなどなど、まさに食いしん坊万歳横丁。

それから、お醤油の蔵元、ワインショップ、カフェなどもあって、もうとにかく盛りだくさん。
こんなに楽しいところだとは思わなかった!芋好きのあなた、是非行ってみてください。
あと、ほとんど見かけなかったけれど、外国人が観光に来たら絶対楽しめると思う。

今回食べられなかったものを食べに、また行きたいな~
[PR]
by rentheadsny | 2010-03-09 23:19 | voyage

南国はもう春

沖縄3日目朝はかなり健康的に1時間半のヨガレッスンから始まり。
目の前に海を見ながらの早朝ヨガ。体の中からきれいになれそう☆
だんだんとお天気になってきて、終わる頃には青緑の海!
f0007587_226979.jpg
こちら、お部屋からの眺め。ヨガレッスンまでしているこちらのホテル、まだグランドオープン前の新しくてステキなところでした。ぜひぜひおすすめしたい!!
私たちが泊まったのはコンドミニアムタイプだったので、普通のマンションみたいに広くてキッチンも家具家電も付いていて、かな~り寛げました。スタッフの方々もとても気持ちよいサービス。必ずリピートしたくなるホテルです。

カフーリゾートフチャク 
http://www.kafuu-okinawa.jp/

青い海を見に、まずは海中道路へ。海をドライブ。
窓を開けると気持ちよい風が吹きぬける。
f0007587_22191169.jpg
そこから程近い場所にある世界遺産、勝連城跡。えっちらおっちら登ります。
暑い・・・、寒い東京に帰ることを見越してヒートテックなんて着てきたことを大いに後悔・・・。だって、前を歩いている人はTシャツ・・・。
f0007587_22203594.jpg
でも登った甲斐あって、そこからは海が見渡せます。さっきの海中道路も。
この風景ってモンサンミッシェルを思い起こさせる。
f0007587_22245341.jpg
そして、しばらく車を走らせて、パワースポットだという斎場御嶽へ。
私のイメージする沖縄とは違ったものがありました。

最後は最近できたスポットだというガンガラーの谷
そこにあるCave Cafeがお目当て。鍾乳洞の中にあるカフェなのです。
f0007587_22284087.jpg
さぞ賑わってるのかと思いきや、お客さんはゼロ。。。それにこの時期なので、ひんやりして気持ちよいというよりは寒いって感じだったので、見るだけ見て早々に退散しました。夏にはきっと最高だと思う。

こんな感じでもりだくさんの初沖縄旅行でした。
帰りの荷物は半分が沖縄の食べ物っていう、だいぶ食い意地の張った旅。食文化を含め、日本にはこんな面白い場所があったのかと今さら知りました。グアムとか中途半端な海外リゾートへ行くぐらいなら断然沖縄の方がいいわー。
また、のんびりしに行きたいな。
[PR]
by rentheadsny | 2010-02-07 22:38 | voyage

OKINAWA2

沖縄2日目。あいにくの曇り空。
朝食はオーシャンビューのレストランで豪華なビュッフェ。朝からグラタンとかケーキまで出ちゃうんです。朝ごはんが大好きなのでとっても嬉しい!
f0007587_23173974.jpg
早速ちゅらうみ水族館へ。
f0007587_23215381.jpg
夏に八景島に行った時に水族館で、「お寿司が食べたくなってきたよね」って話をしたほどの私たち。1時間でちゅらうみ水族館終了。それでも思ったよりも楽しめました☆

次に向かったのが、ブセナテラス。さすがのホテル。すばらしいです。
f0007587_23241992.jpg
泊まったつもりでお庭をお散歩。
の前に、目的はランチでした。いくつかある中で中華にすることに。
こちらもオーシャンビューで落ち着いたレストラン。リゾートでただただのんびりと海を眺めて美味しいごはんを食べて・・・っていうことが何と贅沢なんだろうと思った瞬間でした。
f0007587_23274673.jpg
夕方はスパへ。
全身マッサージ&シークワーサーパックで幸せすぎるリラックスタイム。

そして夜はお部屋でソーキそばを作ってみました。コンドミニアムだったのでキッチンや食器付なのだ。でもちょうどいい器がなくて、とりあえずの鍋にモリモリそばになっちゃいました。。というか、遠目に見るとうどんだなぁ。
f0007587_2335531.jpg
野菜や島豆腐を入れたのでソーキそばって言っていいのかわからないけど、私としてはかなりおいしかった!また食べたい!

そんな食べまくりの2日目でした。
[PR]
by rentheadsny | 2010-01-31 23:44 | voyage

ムーチーって何?!

沖縄に着いて最初の目的地に移動中、車のラジオでは聞き慣れない話題で盛り上がってることに気付く。「今日は朝からムーチーを作ってます」「お母さんのムーチーは美味しい」「今日はムーチーの日」などなど、ムーチーなるものの話題で持ち切りの模様。

文脈からして食べ物であることは想像がつくけれど、形や味はどんななんだろうかと気になってしょうがなくて。と、ちょうど一緒に行った友達の友達に沖縄出身の子がいるということで、早速聞いてみることに。

そして判明。
ムーチーとはお餅のことだそう。確かに発音が似てるなぁ。
沖縄でこれほど話題騒然のムーチー、せっかくムーチーの日に来たんだから食べずには帰れまい。
もしやと思ってスーパーを覗いたらついにムーチーとご対面!!
f0007587_2333149.jpg
こういう物体でした。
砂糖と餅粉を練ったものが月桃という葉に包まれているもの。笹みたいな香り。
ういろうをもっと柔らかくした感じの食感でした。
初日から沖縄の伝統菓子に触れられたのは貴重な体験。

スーパーでは他にも沖縄の食材を発見しては楽しくてついつい買い込んでしまった。
夜は部屋で軽く食べようということで、豆腐ディナーにすることに決定☆

まずば、ゆし豆腐。
f0007587_2348198.jpg
おぼろ豆腐みたい。スープにもしっかり塩味(海の味?)がついているから、やさしい味の豆腐スープって感じでほんのりあったまる。

次に、島豆腐。
これはすごーく固い木綿豆腐って感じ。

もう一つは、じーまーみー豆腐。
f0007587_2351339.jpg
アーモンドで作った胡麻豆腐といえばいいのかな。甘辛いたれでいただく。

これにオリオンビールを付けて、沖縄的豆腐ディナーの完成。
見た目はちょー地味ですが、、、味はどれも甲乙つけ難く美味しかった!!
島豆腐は味がぎゅっと濃くて食べごたえあって好き。じーまーみー豆腐のぷるるん加減もたまらないし、ほんと、沖縄の食文化って独特でおもしろすぎ!
[PR]
by rentheadsny | 2010-01-26 23:59 | voyage

OKINAWA

沖縄に行ってきましたー。
f0007587_0383831.jpg
東京から2時間の島は同じ日本とは思えないぐらい気候も文化も違って、プチ外国気分を味わえました。こんな時期に何をしに行くの?とあちこちで言われたけれど、海に入ることにあまり興味のない私的にはとても過ごしやすい季節。

沖縄でもやっぱりテーマは食かな。
気付いたらバッグの中がほとんど食べ物のお土産で埋め尽くされていた・・・。

楽しかった沖縄記はまた後日。
[PR]
by rentheadsny | 2010-01-26 00:45 | voyage

長野へ~ヴィラデスト

連休中に長野に行ってきました。GWに続いて、今年2度目の長野です。
何度行っても大好きな場所です。
f0007587_1211894.jpg
今回の目的はヴィラデスト。
エッセイストで画家(という肩書きでいいんだろうか?)の玉村豊男氏がやっているワイナリーで、ごはんもおいしいと噂の場所。数年前(今思えば、ヴィラデストができた頃)、友達から話を聞いて以来ずっと行きたいと思っていたところだったのです。

行ってみると、あいにくの曇り空ではあったけど、高台からの山並みの様子はいかにも長野で、思わず「白線流し」を思い出しました。(同世代ならわかってくれるはず!!)
まずは畑を散策。ワイナリーですから、ぶどう畑。
f0007587_1253073.jpg
もちろん収穫後なのでちょっと寂しい様子ですが・・・。
でも一部残っていたぶどうも。
f0007587_1261873.jpg
季節柄、りんごもなってました~
f0007587_12730100.jpg
寒すぎて散策ギブアップ。。
そろそろランチの時間☆これを食べに来たんです。

畑と山並みが見渡せるレストランにて。
amuseから。長芋、サトイモのフライにpiment vert(確か)のソース。
サトイモのフライはぜひまねしてみたくなりました。
f0007587_1304828.jpg
生ハムがドンと置いてあったのでワインと一緒に追加で♪
f0007587_135505.jpg
entreeはもりもりサラダ。醤油ベースの味で、きのこマリネがいいお味。四角いのがカブでその下にはゴルゴンゾーラのソース。ココットに入っているのはキノコ入りのフラン。
これも非常においしかった!!
f0007587_1331579.jpg
メインは、こちらは豚のシードル煮。お肉がすっごい柔らかい。
f0007587_1345912.jpg
そしてこちらは、鶏のピペラード
f0007587_1364754.jpg
前菜・メインにはそれぞれの焼き立てパンがサーブされるのが嬉しい。すごい量なので、もう十分お腹いっぱい。

でもデザートは別腹ってもんです。
f0007587_1381447.jpg
栗のフラン、カボチャアイス、りんごのデザートの3種。秋の取り合わせですねー。

とっても満足度の高いお料理でした。長野まで行って良かった♪
終わる頃には玉村さんご本人もレストランにいらっしゃいました。

そして、食事の後はレストランの下にあるワイナリー見学を。これもなかなか楽しめた。
f0007587_1433960.jpg
今度はぶどうがふさふさなっている頃にでも行ってみたいなぁ。

ヴィラデスト
ガーデンファームアンドワイナリー
http://www.villadest.com/
[PR]
by rentheadsny | 2009-11-28 01:49 | voyage

神秘の昇仙峡

週末、山梨まで行ってきました。
山梨って、そう遠くはないけどなかなか行かない場所でした。
通ることはあれど、目的地になったのはほとんど初めてかも?

ということで、山梨名物ほうとうも初めて!
写真撮り忘れたけれど、かぼちゃや鶏肉がごろごろ具だくさんで、ちょっと肌寒い日にはぴったりのほうとう。ボリューム満点でおなか大満足☆

道すがら、思いがけず信玄餅の工場見学ができたりもして、意外に山梨おもしろい♪

そして昇仙峡。
この日はあいにくの雨。しかも着いたのが夕方で、正直、観光には微妙なお天気・・・。
でも!!昇仙峡はそんなお天気でさえ絵になる場所。
f0007587_0454550.jpg
切り立った岩にもやがかっているのが神秘的で、まるで水墨画の世界。
仙人が出てきそうだわ。
こういう雰囲気って、そういえば、、私の大好きな屋久島っぽい。
f0007587_0494930.jpg
このポイントから更に10分川沿いを登っていくと、仙娥滝(せんがたき)に着きます。
すごい迫力!
f0007587_053548.jpg
マイナスイオンをたっくさん浴びて体の中からきれいになれる散策でした☆
紅葉の季節はこれまたきれいなんだろうなぁ。
近場にも素敵な場所があるんだと知った楽しい週末でした♪
[PR]
by rentheadsny | 2009-09-16 00:57 | voyage