<   2006年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

成績発表

昨日、中間の点数がそれぞれに配られた。
自分のお菓子作りがはっきり点数になって出てくるなんて初めてのことだし、本当に学校なんだって改めて思ってしまった。
幸いクラスの平均点よりは上だったものの、まだまだ真ん中レベルかなぁと思うとあと何回かで挽回しなきゃってヤル気が出てくる。
それと東京校では有り得なかった、成績上位者も5位まで張り出されていた。
あ~、、ここに名前が載ることがあるんだろうか・・・。
f0007587_2101315.jpg
これは、今日作ったドーム型のかわいいシブースト。中にはピンク色の野いちごムースと野いちごの実が入ってます。
これは結構自分でも上手くいったかな~と思う。味も好きだから、さっき一人で5分の1ぐらい食べてしまった。。。っていうか、今日は2台作っちゃって冷蔵庫がキュウキュウなので誰かにあげにいかないと、明日も実習があるからもう保存不可能。
日本にすぐ届けられればいいのに・・・。
[PR]
by rentheadsny | 2006-04-27 02:19 | LE CORDON BLEU

ミルフィーユ

実はこの前ピエールエルメに行った時、本当はミルフィーユが食べたかったんだけど、あれこれ迷っているうちにあっという間に売切れてしまったからIspahanにしたって裏話があったのです。
店員さんに聞いてみればミルフィーユは超人気で、早い時間に来ないとなくなっちゃうなんて言われたから余計食べたくなって、早速今日朝一で行ってきました!
f0007587_6363488.jpg
どのケーキも本当に美しい、けど、高い・・、っていつもと同じことを考えていると、隣のご婦人、
「Ispahan5つと・・・」って言っているではないかっ!
前回食べたIspahanはエルメの中でも一番高いケーキ。それを豪快に5個もなんて。
はぁ、そのくらいじゃないとこの店に来ちゃいけないのかもね。。。

期待大で食べたミルフィーユはプラリネのクリームがとってもおいしかったのだけど、
個人的には、パイが柔らかすぎるのとチョコの味が強すぎるのとで、好みのミルフィーユではなかった。

それでもやっぱりエルメには通ってしまいそうです。
[PR]
by rentheadsny | 2006-04-26 06:47 | gâteaux

まだ食べられます・・・

日曜日の予定といえばこのところパティスリーめぐりが定番となってきました。
最近はクラスメイトと出掛けることが多い。一人だと1個食べて終わってしまうのが、二人なら半分ずつ2種類の味を試せるから、より楽しめるからだ。
f0007587_0181812.jpg1軒目はピエール・エルメ。
ホントにここのケーキは美しい!でもそれ以上に高いけど・・・。
迷いに迷って、結局一番有名なIspahanという、マカロン・ライチ・フランボワーズ・バラという組み合わせのケーキにしました。
ライチの果肉がごろごろ入っててそれが爽やかで上品。彼のトレードマークとなるだけあるケーキでした。

対応してもらった店員さんがとってもフランクな人で、エルメのモンブランが食べたいって話をしたら(栗は冬のものなので残念ながら今の季節は出ていない)、個人的にはアンジェリーナのモンブランが絶対一番よ!ってこっそり教えてくれた。
そのお店の人が他店を勧めるぐらいだから、やっぱりアンジェリーナは不動らしい。
アンジェリーナのって、よく甘すぎだとかって言われてるけど、日本で食べた時もパリで食べた時も甘すぎだとは全然感じなかったんだよなぁ。
私の味覚っておかしい?

f0007587_0333645.jpg続いて向かったのはSadaharu AOKI。
こちらは気付けば7割方食べているので選択肢はかなり少ない。
これは日本のお店で一番高くて(確か800円だった。パリでは4Euro)買えなかったチョコケーキ。
塩味のキャラメル、しょうが風味のチョコレートムース、と、味はかなり変わっている。
意外な組み合わせで美味しかった時は一番嬉しい☆
そして店員さん(日本人)がカッコ良かったことも輪をかけて嬉しかった(笑)
[PR]
by rentheadsny | 2006-04-24 00:47 | gâteaux

週末の授業

今日のお題は甘いケーキではなく、塩味のプチフール。パーティーのアペリティフなんかに出されるやつです。
毎日甘いものに襲われてたから、これはちょっと嬉しい。
f0007587_2241214.jpg
土曜日の午後でもうあとは週末を楽しむだけっていう状況だったので、今日はいつもの試食タイムにキールが出されて、にわかパーティーとなりました。
普通の授業中にお酒が出るなんて日本のコルドンじゃ有り得なかった。さすがフランス。

でも、このバターたっぷりのプチフール、来週の実習でいくつ出来上がるのかと想像すると恐ろしくなってくる・・・。
家にあるとキケンなのでまた誰かにあげないと!
[PR]
by rentheadsny | 2006-04-23 02:33 | LE CORDON BLEU

フランス語がわからないんです・・・

何とかフランス語で生活することにも慣れてはきたけど、まだまだ理解度はかなり低い私。
先日郵便局の窓口で言われていることがなかなかわからなくて、Pardon?Pardon??と聞いていたら、窓口のオバチャン、並んでいる人たちを指して
「ほらほら、みんな聞いてるわよー(笑)」って。
そう言われちゃあ最後の頼みの綱、English please!
でもオバチャンは英語しゃべれないらしく、「誰か英語に訳せる人いませんか~?」って後ろの列に呼びかけられてしまった(ハズカシイ・・・)。
幸いすっごく人の良さそうなおばあちゃんが出てきてくれて一件落着。

この状況ってかなり恥ずかしいけど、今までの郵便局だと、わかんないなら来るな!っていうぐらいな対応ばっかりだったから、この郵便局は感じがいいなぁって嬉しくなってしまった。

たまにかかってくるセールス電話には“Can you speak English?”って言う手を覚えた。
そう言うと大抵諦めて電話を切ってくれるのだ。
でもしつこい時があって、「じゃあ、5分後に英語しゃべれるスタッフが電話します。」って言われて、このフランス人にして有り得ないことに本当に5分後にかかってきた!
そういうところはしっかりしているらしい。。。

でも最近頼みの英語も口から出なくなってきた。
日本語以外を2つ切り替えながら使うのは至難の業だと思う。
ベースは英語なのにところどころ単語がフランス語だったりとかして余計伝わらない、、、

とりあえずフランス語をがんばらなくちゃ!
f0007587_1849399.jpg

[PR]
by rentheadsny | 2006-04-21 18:54 | Paris生活

まだまだ続くチョコシリーズ

f0007587_6451755.jpg今日もチョコレートでした。。。
本日の課題は、ダックワーズ生地をベースに、プラリネ風味のチョコ、チョコレートムースを重ねてチョコのオブジェでデコレーションする見た目華やかなケーキ。
ダックワーズもプラリネも大好きだから、シェフの作品の試食はおかわりしたいぐらい私好みの味♪
気合入れて作った私のケーキは、なんと嬉しいことにクラスの中でNo.1だってお褒めの言葉をいただけた☆
最初の頃の実習は慣れないせいで、全然うまくいかなかったのが、10回目でようやくこう言ってもらえるようになったのが本当に嬉しかった!

その勢いで夕食にはとっておきのチーズとちょっと奮発セレアルパン、このところ狙っていたホワイトアスパラを買ってきて気分良く食しました。
ホワイトアスパラは本当においしいっ。(緑ももちろんすっごくおいしい。)
軽く茹でて、ベルギーで見つけたトリュフ入りマヨネーズをつけて食べるだけなんだけど、野菜の甘みが出てて激ウマ。
明日まで取っておこうと思ったのに手が止まらず、写真撮る間もないままキッチンでつまみ食いにて完食でした。
しばらくアスパラにはまりそうです。
[PR]
by rentheadsny | 2006-04-20 07:15 | LE CORDON BLEU

花のパリ

f0007587_23382054.jpg
パリにもようやく花の季節がやってきたみたい。
いろんなところで桜を見かけます。
でもお花見できるほどたくさん植わってはいないからちょっと華やかさに欠ける感じ。
それにきれいな青空になることが少なくて色が映えないのよねぇ。





f0007587_23395474.jpg

それよりもこんな(→)色とりどりの花の方がパリには似合うかも。

しかし今日のエッフェル塔の人出はスゴかった!遠目で眺めただけでもものすごい群集。
実は私、いまだにエッフェル塔に登ったことがない。
今度階段で挑戦しようかな。
[PR]
by rentheadsny | 2006-04-17 23:43 | パリ観光

Joyeuses Paques!

今日はイースター(Paques)ということで、街はどこもチョコだらけ!
ベルギーのチョコまみれ事件に続いて、学校でもチョコレート実習が続いているため、今冷蔵庫には大量のチョコが・・・。そんなチョコ月間に拍車をかけるこの事態。
シェフから、この週末は是非パティスリー巡りをしなさい、とのアドバイスに従って、サンジェルマン・デ・プレを目指して散歩開始!

まずは近所のLE NOTREのウィンドーを覗いてみる。
見慣れたケーキたちに小さい卵型のチョコが乗っていた。
とりあえず卵のチョコ乗せればイースター、って勢い。

f0007587_13522.jpg
次はLA MAISON DU CHOCOLAT。
さすがに洗練された印象を受ける。
これは高さが60cm以上はありそうな重さ5kgのデカ卵。

なんとお値段6万円!!







ジェラール・ミュロは店内大混雑だったのでチラ見で終了。
デ・プレ付近ではいくつか気になるお店を発見し、今度来てみようと思ったのでした。

f0007587_115244.jpgそして最終目的地はLADUREE☆
最初に食べたLADUREEのケーキがあまり口に合わずにしばらく敬遠していたのだが、バラ風味のサントノーレがすごく美味しいっていろんな人から言われて、今日はこれ狙い。
(左奥のバラの花びらが乗ってるケーキ)



f0007587_1201875.jpg買うものは決まってたけどどれもこれも美味しそうで、自分の作ったケーキ食べてる場合じゃないって心底思った。。。
このサントノーレ、とにかく大きいの。
幅も高さも9cm、た~っぷり生クリームが絞ってあって、これ一人で食べたらヤバイかもって思ったんだけど、食べてみたら生クリームはほんのりバラの香りで甘くなく、中心に入ってるフランボワーズゼリーの酸味も効いてるから、全然しつこくなくて軽く一人で食べきってしまった。

明日もイースター祝日で学校休みなので、やっぱり気になるAOKIにでも向かってみようかな。
[PR]
by rentheadsny | 2006-04-17 01:39 | gâteaux

ラジオっ子

日本にいた時と同様、部屋ではラジオを流してる私。テレビはあんまり面白くないし、キッチンで作業してると結局見られないし、っていうか映り悪いし!!

お気に入りのチャンネルはクラシックか流行りの曲が流れるチャンネルのどっちか。
でも驚きなのが、流れる曲のバリエーションがとっても少ないのだ。
ポップスの局を3時間も聴いてれば今のヒット曲を3曲は歌えるようになるぐらいヘビーローテーション。
ヒット曲じゃなくても誰もが聴いたことのある定番ソングがほとんどである。

クラシックチャンネル然り。恐らく何千、何万と曲はあるはずなのに、これまた私の知ってる王道クラシックばっかり。
クラシック曲名当てコーナーがあるのには笑えた・・・。

フランスってバリエーションの少ない単純な国なのかしら?
[PR]
by rentheadsny | 2006-04-16 04:03 | Paris生活

RENT! RENT!! RENT!!!

ついに待ちに待ったこの日がやってきた!!!
大好きなミュージカル”RENT”映画版の公開である。

RENTを知らない人のために、まずRENTとは・・・。
手短に言うと、プッチーニのオペラ”La Boheme”の現代NY版。NYで夢追いかける若者達、しかし彼らは家賃(rent)も払えない上、AIDSやドラッグやゲイなど、いろんな問題が絡んでくる。
作者のジョナサン・ラーソンはこの作品に情熱を傾けすぎたのか、ようやく彼の夢(=ブロードウェイでの作品公開)が叶う前日に急死してしまう。その衝撃的な事実も重なり、RENTは大ヒットし、あちこちで賞を獲得する作品となった。

私が初めてRENTを観たのは確か98年。それまではタモリのような完全なミュージカル嫌いで、ただ主役をやっていたミュージシャンが観たくてなんとなく行っただけのことだったのに、観終わった時のあの衝撃・・・。
劇場を出ても家に着いても何かがずっしりと心に響きっぱなしだった。
それから日本とNYで何回観ただろう?たぶん15回ぐらいは観たと思う。これって私の人生変えたって言っても過言じゃない。
f0007587_612557.jpg
それがNYでの初演から10年経った今、ほとんどがその当時のオリジナルメンバーで映画化となったのだ。意外にもメトロのあちこちにおっきいポスターが貼られていて、時々立ち止まって見ている人もいたぐらい広告は立派。
しかし、新聞や雑誌の評価は散々。どれも☆1。
映画館にはその評価のせいか朝一のせいか5人しかいなかったし。。。

でも誰がなんと言おうと関係なし。映画が始まってRENTのテーマ曲とも言える曲が流れてきた瞬間に感動で涙涙。始まって10秒で泣く客、後ろの人に見られてたらさぞかし不思議だっただろうなぁ。。。
もうそこからも泣きっぱなし。ストーリー自体に感動するのも当然だけど、夢半ばで旅立ってしまったジョナサンのことや、これまでのいろんなことを考えての感動が大きかったような気がする。
シンプルな舞台では不可能だった詳細が描かれていたりして、もう一度新しいRENTに出会ったような感覚だった。

とにかく私にとっては最高の映画。何で低評価なんだろう?
これってもしかしたら欧米の根本的な文化の違いかな、って思った。ここにいてひしひしと感じるヨーロッパ人のアメリカ嫌い。私のクラスメイト達はアメリカの話題となればもう完全否定であった。
例えば「シンドラーのリスト」って私はいい映画だと思うんだけど、彼らに言わせれば「あれはすごくアメリカンな映画。全然ダメ!」って。
そんな調子だから、思いっきりアメリカンなRENTはフランスで受け入れられなくても当然のような気がした。というか逆に高評価だったら気持ち悪いかも・・・。

これが理解できないなんて、君たちもったいないよ、フランス人!

日本でも近々公開予定とかって噂聞いたので、その時はぜひとも観てみてくださいね。
[PR]
by rentheadsny | 2006-04-15 06:05 | 好きなものごと