<   2007年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

柚子づいてます

本当に柚子がいっぱいあって消費に困ってるので、最近は柚子のお菓子ばかり。

f0007587_10322542.jpgゆずタルト、ゆずのパウンドケーキに続いては、AOKIのCitron-
Pralinéをゆずにアレンジしてみました。
ドーム型のゆずクリームの中は、マカロンとpraliné feuillentineのサクサク層が入ってます。
ゆずとプラリネの組み合わせも悪くなかったみたい。



フランスに柚子の木ってあるんでしょうか?AOKIさんのお店には当然並んでいるとして、エルメでも柚子のマカロン出してたり、レストランでも柚子を料理のエッセンスに加えていたりしていたけれど、柚子はまだまだ輸入なのか?
フランスでも徐々にポピュラーになっていくんじゃないかなと期待してます。
[PR]
by rentheadsny | 2007-11-28 10:42 | mon gâteau

エクレア教室

昨日、エクレア教室開催しました☆
f0007587_11421242.jpg
友人宅での出張レッスンだったので、限られた条件の中でどうするか結構不安だったけれど、とってもいい経験になりました。

レシピ作って、全部計量して、ラップに「choux farine70」(シュー生地用の粉70g)とか書いていて、急に懐かしい感覚に襲われる。この計量タイム、まさしくコルドンのアシスタント時代を思い起こさせるのです。
きっちり計量して、もしものために予備も用意して、道具は何が必要かシュミレーション。
全部揃えてキャリーケースに詰めたけど、道すがら急に気になってバッグをごそごそ確認してみたり。あー、これはまさしくあの頃の緊張感。

f0007587_1205994.jpgエクレアは真っ直ぐ絞るのが結構難しいと思っていたのだけど、みなさん本当に上手で、私好みな細長いスタイリッシュなエクレアが出来上がりました♪
目指すところはLa Maison
du ChocolatかFAUCHONか??!?

さすがにそんなところまではいかないけれど、出来立てのエクレアは格別です。


f0007587_1254638.jpgそして、カスタードクリームを作ると必ず余ってしまう卵白を使ってフィナンシェも。あまりに簡単な手順に驚かれました。

そうなの、簡単だから家でも作って欲しいの。こういう発見と喜びを多くの人に味わってもらえることが私の喜び。

参加してくださった方々、ありがとう!

↓クリックお願いします☆↓
人気ブログランキング
f0007587_021632.gif
[PR]
by rentheadsny | 2007-11-26 12:12 | mon gâteau

パリ一お気に入りのフロマージュリー

今日も続く、フランス回顧録。
テーマはフロマージュリー、チーズ屋さんです。

f0007587_1671375.jpgもともとチーズ好きだった私、滞在中に更に磨きがかかったのでした。
この人(⇒)の気持ちがとてもよくわかる(笑)
近所に3軒もフロマージュリーがあったのも幸せだったけど、毎日大量に食べられる物じゃないからこそ美味しいものを食べようと、食いしん坊はちょっと遠出したのでした。


一番のお気に入りは、迷うところだけど、Marie-Anne Cantinかな。
伊勢丹にも入ってるお店です。
こじんまりして落ち着いた雰囲気が好きだし、何よりおいしい。
(日本人の店員さんいます)


初めてここで買ったシェーヴル、びっくりするぐらい美味しかった!
友達とたくさん買い込んでチーズ祭をした時もどれも美味で。
あわゎ、バゲットとチーズと共にいただくチーズ祭、また開催したい・・・、夢だ・・・。

MARIE-ANNE CANTIN
12 rue du Champs de Mars 75007 PARIS


2番目をつけるとすれば、MOFのお店、Quatrehomme(キャトルオム)。
まさかこれも日本で買えるとは思ってもみなかったけど。
f0007587_16221424.jpg

f0007587_16235645.jpg今が季節のMont d'Orも去年ここで買いました。
このチーズって、箱のまま上部の皮を取って白ワインを少し入れて、オーブンでトロトロにするっていう食べ方が美味しい、とか何とか聞いて、やったようなやらなかったような・・・。
とにかく冬のチーズっていう限定感からか何回か食べたな~。

QUATREHOMME
62, Rue de Sèvres, 75007 Paris


f0007587_16311869.jpgもう1軒、MOFのお店が、Metro:Dupleixの近くにあります。ディスプレイがきれいで、通りがかると立ち止まってしまう。
ちょっと割高感があるのであまり買わなかったけど・・・。

LAURENT DUBOIS
2 Rue de Lourmel 75015 Paris


こういうチーズ屋さんって真空パックにしてくれるらしいので、今度パリ行ったら大量買いしそうだなぁ。


↓今日もクリックてね☆↓
人気ブログランキング
f0007587_021632.gif
[PR]
by rentheadsny | 2007-11-23 16:45 | 食べ物

フランス一好きな町

Riquewihr(リクヴィル)
ここは私がフランス各地を旅行した中で一番好きな街。
f0007587_10193417.jpg
パリからストラスブールへ5時間(今は最新型TGVで3時間ぐらい?で行けるらしい)、そこからローカル線で30分、更にバスで30分というフランスの田舎町。一般的なガイドブックにはかろうじて町の名前が出ている程度、5行ぐらいの紹介があればいい方っていうぐらいの町です。

もともとドイツ大好きな私としては、ドイツと隣り合わせのアルザス地方は特別のお気に入り。しかもお菓子も美味しい。かのPierre Herméやジャムのフェルベールさんはこの辺の出身だし、他にも有名なお菓子屋さんは多い。
f0007587_10302033.jpg
ちっちゃい町のメインストリートはこんな感じで、お土産屋さんやワイン直売屋さん、お菓子屋さんがたくさん並んでいる。普通に歩けば20分もかからないメインストリートだけど、見ていて全然飽きない。3往復ぐらいしたかも。

町の中心はこうして賑わっていても、道一本外れるとすごく静か。そのまま町の外側に向かって歩き続けると、すぐに広大なブドウ畑に出会える。
f0007587_1036851.jpg
この風景にはどんなに感動したことか・・・!ワイン大国のフランスを体で感じた瞬間。
光を燦々と浴びて、これなら美味しいワインになる葡萄が育つよな~、とものすごく納得したのでした。

これ以来、私にとってアルザスワインは特別のご贔屓。スリムなボトルの形も好き。
またアルザスに行って、美味しいワインに出会いたい!!

f0007587_10403396.jpg








↓今日もクリックを☆
人気ブログランキング
f0007587_021632.gif
[PR]
by rentheadsny | 2007-11-21 10:45 | voyage

一体どこの海にいたのよ?!?

パリから帰って来る時、ほとんどの荷物は一緒に持ち帰ってきたけど、さすがに重い本は郵便局から送ったのでした。2便に分けて安い船便で。

前にも書いた通り、1便はなぜだか私が帰国するよりも前に到着。(出してから10日)
船便だとだいたい2~3ヶ月はかかるっていう説明だったから、それは一体どうしたことかと思っていた。
常識的に考えて、間違えて飛行機に乗ってしまったっていうのが妥当な説明。
まぁ、それはラッキーだったということでいいのだけど。

しかし、あと1便が2ヶ月を過ぎても、3ヶ月を過ぎても一向に音沙汰がない。愛読していたレシピ本などが入っていたので、心配になって郵便局に迷子の郵便物がないか聞いてみたりしたけど、エコノミー便に追跡機能なんてないもので、どうしようもありません、と言われてしまった・・・。

きっとどこか知らない外国で迷子になってしまったんだなと諦めきっていたところに、今日届いたーーー!ちょうど4ヶ月を過ぎたところでした。
届くとしてもボロッボロになっているかと思ったのに、意外にも送ったままの形状で。

f0007587_13332781.jpg4ヶ月ぶりの本がやたら嬉しい☆
右の分厚い本は前菜からデザートまであらゆるフランス家庭料理が載っている一番の愛読本。これでまたあの料理が作れる~♪






パリから東京まで、4ヶ月もどんな船旅をしてきたのだろうかと思いを馳せながらページをめくる。“舶来品”はありがたい。


↓↓今日もクリックしてね☆
人気ブログランキングへ
f0007587_021632.gif
[PR]
by rentheadsny | 2007-11-19 13:42 | JAPON

オーストリアマイスターの味

私がヨーロッパを旅行して、フランス以上に芸術性を感じたお菓子はオーストリアだった。ウィーンでは素晴らしいお菓子に感激して食べまくり、お陰で顔がパンパンになるという苦い思い出があるけれど・・・。

日本でも数は少ないものの、オーストリアのお菓子屋さんがいくつかある。中でも、オーストリアのマイスターの称号を持つシェフのお店、“ツッカベッカライ・カヤヌマ”(舌かみそう・・・)は絶対行ってみようと思っていたところ。

お店は細い道を入ったところにあって、知らなかったら絶対行かない場所。オーストリアの老舗の落ち着いた、それでいて華やかな雰囲気のお店、ステキです。
f0007587_17102546.jpg
中央のテーブルに美しく置かれたザッハトルテとアプフェルシュトゥルーデル。
オーストリアといえば定番でしょう。

それとキルシュトルテ。フランスのフォレ・ノワールと同じ感じ。
f0007587_1717473.jpg
夜まで待とうと思っていたけど、写真撮ってたら我慢できずにこちらをパクリ。
これが、ものすご~く美味しかった!!!
中のバタークリームと厚めのしっかりした生地の口溶けが最高。
確実に最近のNo.1はコレに決まり。
上の2つも食べるの楽しみだ☆

しかし、一つ言っておくと、どれもかなりお高い。。。
ザッハトルテはかなり小振りのこのサイズで840円。
これだけ風格のあるお店だから仕方ないっか。


ツッカベッカライ カヤヌマ
港区赤坂1-4-5
溜池山王から徒歩2分


↓↓クリックお願いします☆
人気ブログランキングへ
f0007587_021632.gif
[PR]
by rentheadsny | 2007-11-17 17:25 | gâteaux

ボジョレーじゃないけど・・・

昨日はボジョレーの解禁日。自ら買うほど熱心ではないけれど、いただきものがあったので、お祭り気分にあやかることに。

でもこのワイン、ボジョレーじゃなくて、Macon Villages Nouveauという白ワインでした。
ボジョレーと同じブルゴーニュ地方の白の新酒ってことかな。
赤ワインが苦手なのでちょうどよかったワ♪
f0007587_1044138.jpg
特に考えがあったわけではなく、何気なくグジェールを作っていたのですが、グジェールはちょうどブルゴーニュ地方のおつまみなので、結果的にぴったりな選択だったみたい!
でもって、作ってる途中で気が付いた。去年、ボジョレーパーティーを開催した時もグジェール作ってたなー。意識していたわけではないので、自分でびっくりしちゃった。

f0007587_10505539.jpgグジェールはお酒のおつまみにぴったりなので作ってみるといいですよ。
普通にシュー生地作って、最後に細かく切ったチーズ(とベーコン)を混ぜて焼くだけ。

それとオニオングラタンスープも作りました。
なんとなくフランスっぽい食卓になったか?!








↓↓クリックで応援してね☆
人気ブログランキングへ
f0007587_021632.gif
[PR]
by rentheadsny | 2007-11-16 10:59 | おウチごはん

パリ一好きなモニュメント

フランスを振り返ってみようと、いろんな自分ランキングを紹介していこうと思います。

最初は「パリ一好きなモニュメント」。これは有無を言わさずエッフェル塔でしょう!
私の中ではパリの一番の象徴。家が近所だったのも思い入れが強い理由。

f0007587_11403246.jpgこれはまだ寒い3月。
木々が茶色く、空気が乾いた感じ。

これが見えるポイントまで家から徒歩15分だったので、エッフェル塔の眺めといえばいつもこの角度でした。
















次は15区と16区を結ぶミラボー橋からの眺め。(↓)
ちょっと長いお散歩コースの場合はこちらでした。
右側の高層ビル群、パリにしてはちょっと異質であまり好きになれなかった・・・。
でも対岸の16区側はいかにもパリらしいアパルトマンが立ち並んでます。
f0007587_11451553.jpg


f0007587_1152127.jpg今まで何度も紹介したキラキラ光るエッフェル塔☆
毎時10分間だけのお楽しみ。
一番上の写真とは反対側のトロカデロからの眺めです。

このイルミネーションは何度見ても感動するもので、「パリにいる」っていう実感がわいて、必ず元気になれる不思議な薬。
近所のメトロを出た瞬間にキラキラしてると、今日もラッキーって思えた♪

暗いから写真は上手に撮れなくて、ここではその美しさが伝わらなくて残念!パリを訪ねたら絶対見て欲しい!!


↓↓クリックで応援してね☆
人気ブログランキングへ
f0007587_021632.gif
[PR]
by rentheadsny | 2007-11-15 12:00 | パリ観光

ゆずタルト

この前、豊作すぎて大変と書いた柚子を使ってタルト作りました~。
f0007587_1155379.jpg
最初は普通のTarte au Citronみたいにクリーム流そうかと思って作ったら、予想外にクリームの量が足りず・・・、急遽生クリームと合わせて増量させました。
結果的に日本人好みのふんわり柔らかな感じになって良かったかも。
ゆずの香りって本当にいいもの。冬だなー。

このところ全然お菓子作ってなかったので、明日は久しぶりに凝ったものが作りたい!
どっさり送られてきたラ・フランスを使おうかな?



↓↓ぜひこちらクリックを!
人気ブログランキングへ
f0007587_021632.gif
[PR]
by rentheadsny | 2007-11-14 01:22 | mon gâteau

マカロンとシャンパンとマカリヨン

伊勢丹で開催中のフランス展に行って来ました☆
リヨンの特集だったみたいですが、私の目的はブイエ氏(Sebastian BOUILLET)のデモンストレーション。彼は、最年少ルレ・デセール会員認定等々、優秀なパティシエです。
限定20席だか30席だかをゲットいたしました!

f0007587_0522739.jpgこのデモのテーマはマカロン。
といっても普通のマカロンじゃない。
macaron sucré-salé、つまりちょっと塩味の加わったマカロン。

最初にいただいたこれはパプリカとエスペレット(唐辛子)味。sucré-saléのマカロンに良く合うシャンパンと共に。
おいしかったーーー!!
マカロンって材料の半分は砂糖だから甘くてたくさんは食べられない(いや、食べてはいけないと制止してるだけ・・・)けど、これはアペリティフとしてどんどんいけそう。他の味も是非食べてみたいな。今度自分でも何かの野菜で作ってみようか?

サラダにいろんなsucré-saléマカロンを乗せると、彩りもきれいなのでおすすめの食べ方だそうです。

f0007587_132896.jpgそれから彼のスペシャリテ、MACALYON(マカリヨン)。macaronとLyonを合体させたってことか。今さら知った・・・。
チョココーティングしたマカロンのこと。これは想像の範囲内のお味でした。もちろん美味しいけどね。ちなみにキャラメル味。




それからギモーヴのデモもありました。メレンゲを使わないギモーヴ、新発見だった。
Pain de Sucreのムースみたいなギモーヴも大好きだけど、こっちの食感も好き。
Bouillet氏のサインとギモーヴをお土産にいただいて、大満足の講演でした。
f0007587_1104149.jpg


↓↓こちらクリックで応援お願いします♪
人気ブログランキングへ
f0007587_021632.gif
[PR]
by rentheadsny | 2007-11-11 01:17 | gâteaux