ギリシャ風サラダ自主練

今の時期、未だに毎日のように学校へ行って、料理のいろんなデモを見させてもらってます。アシスタント中の3ヶ月は、これらのデモで使う野菜の下ごしらえをしていたので、それが実際どうやって料理に変身するのかが見られてとっても楽しい。

この前、基礎コースでやっていた「ギリシャ風サラダ」がヘルシーで簡単でおいしかったので、家で一人実習してみました。
f0007587_6152919.jpgここで特徴的な野菜がアーティーチョーク。(西洋あざみ)
日本ではあんまり馴染みないけど、フランスでは普通に八百屋で買えます。これはプチで、これに限っては生で食べられるそう。
外側のガクみたいのを取って、下半分の白い部分を食べる。
アーティーチョークほど廃棄率が高くて(可食部が少ない!)下ごしらえの面倒くさい野菜もないんじゃないかと思う。
でもこの食感と味が好きだから頑張った!

フライパンにたっぷりのオリーブオイルを熱し、アーティーチョークを炒める。
しばらく炒めたら、にんじんとセロリを加える。
プチ・オニオンも加え、白ワイン、レモン汁、塩こしょうして、落し蓋して火を通す。
最後に、水でふやかしたレーズンと、皮と種を取ったトマトを入れてサッと加熱。

f0007587_6275572.jpg本当はコリアンドル入れたりするのだけど、他にもセロリやレーズンを省略したりと、勝手にアレンジしちゃいました。
レモンの酸味が効いていて、夏に食べやすい。にんじんが特においしかったのはオリーブオイルでしっかり炒めたからなのかな?
これだけでお腹いっぱいになるほど食べ応えのある一皿です。

ちなみにシェフが作るとこうなります。f0007587_636285.jpg
違い歴然・・・
盛り付け重要だなー!
[PR]
by rentheadsny | 2007-06-29 06:39 | LE CORDON BLEU
<< ラ・デファンスでモロッコ料理 プロヴァン中世祭 >>